ハイブランドの衣類をクリーニングに出せる?相場と注意点を徹底解説!

ハイブランドの衣類をクリーニングに出せる?相場と注意点を徹底解説!

クリーニングは大切な衣類を質の高いお手入れで綺麗にしてくれる、非常に便利なサービスです。身近な店舗でできるだけ安く利用する方が多いと思いますが、いわゆる高級ブランド、ハイブランドの衣類を身近なクリーニング店に預けるのは、少し不安を感じてしまうのも事実です。

この記事をご覧になっている方の多くは、以下のような疑問を抱いていませんか?

  • クリーニングしてもらえるの?
  • どんなクリーニングをするの?
  • 相場はどのくらい?
  • クリーニングに出す時の注意点は?

「ハイブランドの衣類とクリーニング」という点にフォーカスして、以上の疑問を解消できるよう、徹底的に解説していきます。

mamoru吹き出し
mamoru

この記事をご覧いただき、ありがとうございます。家事ライターのmamoruです。ハイブランドの衣類を最寄りの店舗にクリーニングに出すのは、少し気が引けてしまうお気持ち、とても理解できます。ハイブランドの衣類のクリーニングに関するお悩みを、全て解決してしまいましょう!

ハイブランドの衣類はクリーニングできる?

はじめに、大切な結論から述べさせていただきますが、ハイブランドの衣類はクリーニングをしてもらえますのでご安心してください。

一方で、ハイブランドの衣類を「どのクリーニング店でも対応してもらえるか」に関しては、必ずしもそうではありません。むしろ「拒否される」ことさえあるため、注意が必要です。

ハイブランドのクリーニングが拒否される理由

では、どうしてハイブランドの衣類のクリーニングが拒否されてしまうのでしょうか?一見すると、クリーニング店からすれば、拒否することは評判を落とす理由にもなりますので、メリットがないように思えます。

  • 風合いを損ねる可能性があるから
  • 特殊な仕上げが必要だから
  • トラブルにつながる可能性が高いから

ここでは、ハイブランドの衣類のクリーニングが拒否される理由として、以上3つをあげました。順番に解説していきます。

風合いを損ねる可能性があるから

ハイブランドの衣類のクリーニングが拒否される理由として、「風合いを損ねる可能性があるから」という点があげられます。

ハイブランドの衣類は希少価値が高く、市場に流通している数が非常に少ないため、クリーニングをする機会がほとんどありません。つまり、「ハイブランドの衣類をクリーニングするノウハウ」を蓄積しにくく、技術的な問題が発生する可能性が高まります。

また、ハイブランドの衣類には、変わった素材が使われていることが多いです。

  • ダウン
  • カシミヤ
  • シルク

代表的な素材は以上の通りですが、これらの素材は現代の「オートメーション化されたクリーニング」では、綺麗にするどころか風合いを損ね、逆効果になってしまいます。

こういった素材は、熟練のクリーニング師が適切なクリーニング手法を検討した上で、人の手でクリーニングをしなければいけませんが、このようなクリーニングは路面店舗型の、いわゆる「格安クリーニング」の不得意な分野です。

このように、ハイブランド特有の「希少性が高く、特殊な素材を使っている」という特徴があり、クリーニングをした結果、風合いを損ねる可能性があるからこそ、クリーニング店によってはハイブランド衣類のクリーニングを断る可能性があるといえます。

mamoru吹き出し
mamoru

格安クリーニングの得意分野は、機械を使った「安くてスピーディーなクリーニング」です。各店舗ごとにクリーニングの得意分野が異なる点は、クリーニングを利用する上で覚えておきたいポイントです。

特殊な仕上げが必要だから

クリーニング店がハイブランド衣類を断る理由として、「特殊な仕上げが必要だから」という点があげられます。

ハイブランドの衣類を所有しているなら理解できると思いますが、一般的な衣類と比較して「シルエット」が特徴的ではないでしょうか?衣類によって異なりますが、

  • 身体にフィットする
  • スタイルを強調する
  • 型取りがユニーク

このような点が、ぱっと見だけで「良さそうな服」という印象を与えるのが、ハイブランドの衣類の特徴だといえます。

そして、自宅での洗濯とクリーニングの大きな違いに、シルエットを型どる「仕上げ」があげられるのはご存知でしょうか?自宅で行う一般的な仕上げは「アイロン仕上げ」ですが、クリーニング店では専用の「仕立て機」を用いて仕上げを行います。

しかし、格安クリーニングではハイブランドのような特殊なシルエットに対応した仕上げができない、もしくは顧客が満足できるほどのクオリティで仕上げられない可能性があるため、ハイブランド衣類をお断りすることがあるのです。

参考:クリーニングの基礎知識 – 全国クリーニング生活衛生同業組合連合会

トラブルにつながる可能性が高いから

先に述べた2点と重なる部分もありますが、「トラブルにつながる可能性が高いから」という点も、ハイブランドの衣類が拒否される理由の1つです。

ハイブランド衣類への思い入れは、他の衣類と比べて比較にならないほど強いのは誰しも同じだと思います。だからこそ、このような記事を読むことで、「少しでも良いクリーニングを利用したい」と考えているのではないでしょうか?

そして、このことは一般のクリーニング店もよく理解しています。仮に自社のクリーニングで少しでも満足できない部分があれば、衣類への思い入れが強い利用者とトラブルになる可能性が高く、双方にとって良い結果にならないことは明らかです。

ゆえに、ハイブランド衣類をお断りしている店舗も少なくないでしょう。

mamoru吹き出し
mamoru

このような理由があり、ハイブランド衣類のクリーニングをお断りする店舗が存在します。トラブルになってしまっては、利用者、店舗側、双方にとって良いことではありませんから、仕方のないことなのかもしれません。

ハイブランド対応のクリーニングを利用しよう

以上のように、ハイブランド衣類は一般的なクリーニング店に断られたり、満足したクリーニングをしてもらえない可能性があるため、「ハイブランド対応」のクリーニングを利用しましょう。

そして、ハイブランド対応のクリーニング店には、大きく分けて2通りあります。

クリーニング品質が高い
クリーニングの品質が高く、通常の衣類に加え、ハイブランドの衣類も問題なくクリーニングできる。
ハイブランドを専門としている
通常の衣類はそもそも扱わず、ハイブランド衣類だけをクリーニングする。

このいずれも、「利用料金が高く、クリーニング品質が極めて高い」という特徴を持っていますが、生活の中で見つける機会があまりないため、ご存知ない方もいるでしょう。

ここでは、ハイブランド対応のクリーニング店について、「どんなクリーニングをするのか」という点を解説していきます。

検品

ハイブランド対応のクリーニングの特徴として「検品」があげられます。一般的なクリーニングでは、ワイシャツやコートなど、衣類の種類を見分けるために検品を行いますが、ハイブランド対応のクリーニングでは、

  • ブランドの種類
  • 部位ごとの使用素材
  • 衣類の状態
  • デザイン、シルエット
  • 壊れやすいもの(装飾品など)の有無
  • ボタンの位置
  • 採寸

このようなことを行い、クリーニング時の「失敗」を絶対に防ぐために徹底的に衣類のチェックを行うのです。

参考:クリーニングの流れ – ホワイト急便

これだけの検品を重ねて、「どのようなクリーニングが最適か」を事前に決定し、実際にクリーニング作業へと入っていきます。

前処理

検品を終えたら、必要な場合は「前処理」を行います。この段階で行うのは、「通常のクリーニングでは落とせないもの」に対してのケアで、例をあげると以下の通りです。

  • シミ
  • 黄ばみ
  • 隙間に溜まったほこりの除去

また、水洗いを行うと収縮する可能性がある衣類は、形が乱れないように「しつけ」で固定を行います。

水洗い

クリーニングで最も重要な「洗い」の工程です。水洗い可能な衣類は水で洗いますが、一般的なクリーニングと決定的に異なるのは「手洗い」を行う点です。

一般的なクリーニングは、この洗いの工程で機械(業務用洗濯機)を使用します。色々な顧客の衣類をごちゃ混ぜにして洗い、手間や時間を節約することで、「格安」を実現しているのです。

一方で、ハイブランド対応のクリーニングでは、手洗いで衣類ごとに合った洗いを行います。ハイブランド衣類は素材やシルエットなど、何もかもが通常の衣類とは異なるため、職人による手洗いでないと綺麗にできません。もちろん、手洗い不可の場合はドライクリーニングを行うことになります。

参考:こだわりの高級衣類クリーニング店 – Arteferro

また、手洗いを行わないハイブランド対応のサービスもありますが、機械を使う時に「個別洗い」を行うことで、衣類を大切に扱うなどの配慮をしてくれます。

乾燥

洗いの後は水分を飛ばす「乾燥」を行います。特殊な素材を使用することの多いブランド衣類は、乾燥方法を誤ると、「素材の縮み」などを引き起こすため、洗いと同じくらい、この乾燥の工程が重要です。

こだわるポイントは、

  • 温度
  • 湿度
  • 時間

この3つで、素材ごとに最適な時間を職人が見極め、衣類ごとに適した環境で乾燥を行うのです。

参考:皮革・ブランド品の宅配クリーニングはリナビスにおまかせ! – リナビス

修復・メンテナンス

一般的なクリーニングではあまり行わない、「修復・メンテナンス」もハイブランドのクリーニングでは行います。具体的な内容は、以下の通りです。

  • ボタン修理
  • ほつれのケア
  • 色補正
  • 縫製のマスキング

この中でも、色補正と縫製、マスキングに関しては全てのサービスが行うわけではありませんし、勝手に行われることもありません。利用者側から要望を出して、それに応える形で作業を行ってくれます。

また、ハイブランド衣類のボタンや縫製は特殊な場合が多いため、自分の手で修理を行うのは困難です。洗いだけでなく、このような点も、ハイブランド対応のクリーニングを利用するメリットだといえます。

仕上げ・プレス

最後に「仕上げ」を行います。先述のように、ハイブランド衣類はシルエットが独特ですから、この仕上げ工程は極めて重要なステップです。

使用するのはアイロンとプレス機で、衣類ごとの特徴を活かすために、職人の手で最適な仕上げを行います。また、サービスによっては、ハイブランドの工場で使用するようなプレス機を用意しており、一般的なクリーニングではできないオシャレな仕上げをしてくれることもあります。

mamoru吹き出し
mamoru

ハイブランド対応のクリーニングでは、以上のような工程を経て、より高品質なクリーニングを行っているのです。大切な衣類を大切に扱って欲しい方は、利用すべきだといえます。

ハイブランドの衣類をクリーニングに出す時の注意点

ここからは、ハイブランド衣類をクリーニングに出す時の注意点を解説していきます。ハイブランド衣類をクリーニングに出したことのない方は、事前に目を通しておきましょう。

解説する内容は、以下の通りです。

  • サービス選びは慎重に行う
  • 細かく要望を出す
  • 素材によってサービスを変える
  • 宅配クリーニングがおすすめ

サービス選びは慎重に行う

ハイブランド衣類をクリーニングに出す時に、最も重要なことが「サービス選び」です。そもそも、ハイブランドに対応しているサービスは数が少なく、路面店舗型の店舗だと非常に数が限られてしまい、選択肢がほとんどありません。

したがって、より多くの選択肢から選びたいなら、インターネットを活用した「宅配クリーニング」の利用を検討しましょう。

ブランドに対応しているか確認

選択肢を路面店舗から宅配クリーニングにまで広げることで、日本中のあらゆるクリーニング店から、自分のニーズに合わせたサービスを選べます。

また、多くのクリーニング店は「対応ブランド」を公式サイト上に記載しているため、これを参考にすることで、衣類に合った適切なクリーニングを行うサービスを見つけられるといえます。

クリーニングに出す衣類のブランドに対応しているかどうか、事前に確認しておきましょう。

細かく要望を出す

一般的な格安クリーニングでは、衣類ごとに細かな要望は出せませんが、ハイブランド対応のクリーニングの場合は、むしろ細かく要望を出すことが普通です。

なぜなら、ハイブランド衣類への思い入れが非常に強いことをサービス側も理解しており、「未然にトラブルを防ぐためには、要望を聞くことが大切」であることを理解しているからです。

筆者の経験上、ハイブランド対応の宅配クリーニングでは、衣類を送る時に、必ず要望を「細かく、衣類ごとに」書くように求められました。

リナビスから送られてきた書類

こちらは「リナビス」というハイブランド衣類に対応する宅配クリーニングを利用した時に送られてきた「クリーニング申込用紙」です。この中に、「クリーニングに関するご要望」という項目が広々と用意されており、ここに衣類ごとに求める要望を細かく記載できるようになっていました。

このような仕組みを用意することで、利用者の希望をクリーニングに反映し、未然にトラブルを防げます。衣類の気になる点や不安な点などをしっかり伝えて、満足いくクリーニングをしてもらいましょう。

素材によってサービスを変える

ハイブランド衣類の中には特殊な素材を使用している場合がありますが、サービスによっては素材ごとに専門のクリーニングを用意している場合があります。代表的な素材は以下の通りです。

  • ダウン
  • カシミヤ
  • シルク

これらの素材はハイブランド衣類に使われやすい素材であり、なおかつ化学繊維ではなく「天然繊維」ですから、扱いが非常に難しいという特徴を持っています。

もちろん、高品質なクリーニング店なら問題なく対応できますが、クリーニングに細心の注意を払って欲しいなら、素材ごとに専門的なクリーニングを提供しているサービスを利用しましょう。

素材専門のクリーニングはどんなことをするの?

では、素材ごとの専門的なクリーニングはどのようなことをするのでしょうか?たとえば、皮革製品、ハイブランド製品を専門に取り扱う、宅配クリーニングリナビスの「皮革・ブランド品クリーニング」では、以下に示す皮革専用のクリーニング方法を実施しています。

  • 水、洗剤
  • 乾燥方法
  • メンテナンス

参考:皮革・ブランド品の宅配クリーニングはリナビスにおまかせ! – リナビス

また、Hanakoyaという郵送対応のクリーニング店の「カシミヤクリーニング」では、洗浄水に特殊なトリートメントを配合することで、繊維を守って縮みを抑えたクリーニングを実施しているのです。

参考:カシミヤ クリーニング – Hanakoya

天然繊維は化学繊維とは異なり「生きた繊維」ですから、このような特殊なクリーニングを行うことがとても大切です。したがって、特殊な素材を使用したハイブランド衣類をクリーニングに出したい方は、専門的なクリーニング店を探してみるのも良いでしょう。

ダウンのクリーニングは注意

また、ハイブランド衣類の中でも注意しなければいけないのが、衣類の中に羽毛を詰めてあるダウンジャケットやダウンコートです。一般的なダウンジャケットやコートなら問題ありませんが、「モンクレール」など高級ダウンになると、多くのクリーニング店が対応不可としており、対応してもらったとしても、トラブルに発展することが多いとされています。

したがって、高級ダウンをクリーニングに出すことを考えている場合は、以下の記事で個別に対策をした方が良いかもしれません。

ダウンジャケットはクリーニングに出すべき?理想の頻度と注意点を徹底解説!

ダウンジャケットはクリーニングに出すべき?理想の頻度と注意点を徹底解説!

2021年3月19日
mamoru吹き出し
mamoru

ダウンジャケットはハイブランド衣類の中でも、高価格帯の洋服になります。生地や加工が他の衣類とは大きく異なるため、専門的な対策が必要になると考えてください。ダウンが汚れてしまった場合は、出来るだけ早くクリーニングに出しましょう。

宅配クリーニングを利用しよう

以上のように、ハイブランド衣類のクリーニングでは、以下の点が大切であることを解説しました。

  • サービス選びは慎重に行う
  • 細かく要望を出す
  • 素材によってサービスを変える

そして、この中でも特に大切なのが、「サービス選び」であることは明らかですが、路面店舗の中からハイブランド対応の優れたサービスを選ぼうとすると、お住まいの地域によっては選択肢が限られてしまうでしょう。

したがって、ハイブランド衣類のクリーニングは、全国の優れたクリーニング店にクリーニングを依頼できる「宅配クリーニング」がおすすめです。

筆者はこれまで色々な宅配クリーニングを利用してきましたが、そのほとんどのサービスは「高品質なクリーニング」を行ってくれました。ハイブランド対応のサービスも数多く存在したため、自宅から発送するだけで、ハイブランド衣類をクリーニングしてもらえるのは非常に便利です。

相場はどの程度?

ハイブランド対応の宅配クリーニングでは高品質なクリーニングを実施しますから、「利用してみたい」と考える方も多いでしょう。しかし、気になるのが相場ではないでしょうか?

ハイブランド対応の手の込んだクリーニング作業をすると、当然一般的なクリーニングよりもお値段は高くなってしまうため、どの程度の料金で利用できるのかが気になるのは当然です。

結論からいえば、ハイブランド対応の宅配クリーニングの料金は、サービスによって大きく異なるため、相場を示すのは難しいです。したがって、あくまで一例として出しますが、リナビスというハイブランド対応の宅配クリーニングは、「衣類3点で7,524円」という料金設定をしています。

この料金の中に、

  • シミ抜き
  • 修理
  • 12カ月の保管サービス

他社だと有料オプションでもおかしくない、これらのオプションが入っていますから、1点あたり「2,508円」というこのコースのコスパは非常に高いといえます。

リナビス以外にも高品質なハイブランド対応のクリーニングを実施しているサービスはありますから、実際に利用したサービスの中からおすすめの宅配クリーニングをまとめている、以下の記事も参考にしてください。

【使って比較】おすすめの宅配クリーニングサービスを紹介します

【使って比較】おすすめの宅配クリーニングサービスを紹介します

2021年3月19日
mamoru吹き出し
mamoru

ハイブランド対応の優れたクリーニング店を路面店舗から探すのは大変ですが、インターネット上で比較検討できる宅配クリーニングは非常に便利です!自宅から発送し、あとは受け取るだけでクリーニングできますから、興味がある方は一度利用してみましょう!

まとめ

ハイブランド対応の衣類はお手入れが非常に難しく、クリーニングを利用したいと考えるのが自然です。自宅で洗剤や柔軟剤を使用してお手入れを行うのはリスクが高いため、積極的にクリーニングを利用しましょう。

クリーニングに出すときの注意点を守った上で、衣類や素材ごとにあったクリーニング店を選んでください。将来的な買取を考えている場合も、自宅でハンガーにかけて保管をしているのではなく、定期的なお手入れとして、クリーニングを利用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

宅配クリーニングサービス比較NAVIの記事執筆を担当している、家事ライターのmamoruです。「実際に利用したサービスしかレビューしない」をモットーに、日本一詳しい宅配クリーニングの紹介サイトを作るべく日々奮闘中。コメントくれると励みになります!