布団の洗濯頻度はどれくらいがベスト?快眠に導く布団のお手入れ術を解説!

布団の洗濯頻度はどれくらいがベスト?快眠に導く布団のお手入れ術を解説!

『布団ってどれくらいの頻度で洗濯すれば良いのだろう?』

このような疑問を抱いている方は多いのではないでしょうか?衣類のように頻繁に洗うわけにもいかないし、かといってずっと洗わないままがダメなのも分かってる。清潔を保ちつつ、布団に負担をかけない洗濯頻度が知れれば、この先の快眠が約束されたようなものですよね。

というわけでこの記事では、「布団の洗濯頻度」にフォーカスしてみました。

  • 布団の洗濯頻度の重要性
  • シーツ・布団の正しい洗濯頻度と方法
  • 布団クリーニングの有用性

記事を通じてこれらのことを知ることができるので、それぞれ順番に確認していきましょう。

mamoru吹き出し
mamoru

この記事をご覧いただきありがとうございます、家事ライターのmamoruです。布団の洗濯はなかなかに厄介で、特に頻度について悩んでいる方は多いです。そんなお悩みにアンサーするべく分かりやすく解説した後、負担を少しでも軽減するべく「布団クリーニング」についても少しお話ししています。

洗いすぎもダメ。洗わなすぎもダメ。難しい布団の洗濯頻度

あくびをする猫

布団の洗濯は、『洗いすぎてもダメ。洗わなすぎてもダメ。』というなかなかに面倒な家事の1つだと言えます。

男性である筆者は一人暮らしを始めた際、面倒だし洗濯方法も分からないしで、布団の洗濯を全くすることがありませんでした。

その結果、大学合格祝いで買ってもらった結構なお値段するお布団がカビだらけになってしまうという大惨事に・・。

mamoru吹き出し
mamoru

そのあと親にめちゃめちゃ怒られました・・。まあ今振り返れば当然です。無知って怖い。

布団の洗濯は適度な頻度が大切だ

というわけで、筆者のようなことにならないためにも、布団の洗濯はとても大事ってわけなんですね。したがって、

『よし、じゃあ毎週布団の洗濯をしよう!』

このように考える方もいらっしゃるかもしれませんが、これはこれでよくありません。

洗いすぎ→布団を痛めてしまうかも・・

というのも、布団も「衣類」なんですよね。布製の製品なので、当然痛みが生じてしまいます。そして、作られる段階で水に強くはできていないので、頻繁に水洗いをすることで急速に劣化を進めてしまうのです。

また、布団の洗濯で洗濯機を使う場合には、生地を痛めこの劣化がさらに早まると考えなければいけません。よって、布団の洗濯頻度は、

  • 清潔
  • 劣化

この2つの観点を大事にすることが最も大事だということになります。

シーツ・布団の洗濯頻度を知っておこう

というわけで、布団の洗濯頻度は、意外と奥が深く、難しいものだということがわかると思います。

とはいえ、「1つの正解」があるのもまた事実なので、次の章で詳しく解説していきますね。布団・シーツの両方について、

  • 洗濯頻度
  • 洗濯方法

こちらをそれぞれ扱っているので、チェックしていきましょう。

mamoru吹き出し
mamoru

今までなんとなく布団の洗濯をしていた方も多いと思いますが、布団を清潔に保ち、劣化もさせないベストなお手入れ方法が存在しています。これを知ればこの先ずっと使える知識になってくれるので、しっかり目を通しておきましょう!

Column:布団のお手入れが人生を豊かにする

皆さんにとって布団はどんなものでしょうか?ほとんどの人が、「寝るところ」と答えるかも知れませんが、もちろんその通りです。私たちは布団の上で睡眠をすることで、休息をとっています。

しかし、「人生」という観点で考えてみると、布団は単に寝る場所ではなく、『1日のうちおよそ1/3を過ごす場所』だと考えることが可能です。そしてこれはつまり、

『私たちは人生の1/3を布団で過ごす』

ことの裏返しでもあり、布団のメンテナンス・お手入れにこだわることは「人生をよくすること」と同じなんですよね。

人生の1/3に影響を与えると考えると、これはこれは大変な話になってきました。これを機に正しい布団のお手入れ方法を学んで、布団を通じて自分の人生をより良いものにしていきましょう。

シーツ・布団の正しい洗濯頻度と方法を解説

起きた猫

というわけで、ここからは布団の正しい洗濯頻度と洗濯方法について徹底的に解説していきます。

  • 布団
  • シーツ

この両者に関して順番に扱っているので、チェックしていきましょう。

mamoru吹き出し
mamoru

どれだけ細かく掃除やお手入れを行ったり、直射日光に当てる天日干しを行っても、水洗いによる洗濯は必要です。放っておくとダニやホコリ、さらにはアレルギーの原因にもなってしまうので、正しい洗濯頻度と方法をチェックしていきましょう。

布団編

さて、まずは布団編からで、いわゆる「敷き布団」のことですね。シーツと比べて洗いにくいですし、出来ることなら洗いたくないのがホンネだと思います。

しかし、放っておけば筆者のようにカビてしまうかも知れませんし、寝ている間は菌のエサになる汗や皮脂が布団に付着してしまいます。もちろんシーツがほとんど吸ってくれるわけですが、やはり長期間使用していると布団に「貫通」してしまうものなので、どれだけシーツが優秀でもお手入れは必要です。

頻度:「半年に1度」を目安に

というわけでまず頻度についてですが、「半年に1度〜」これが1つの目安になります。どうして半年なのか、気になる方もいらっしゃると思いますが、詳しくは厚生労働省の「公衆浴場における衛生等管理要領等の改正について」という文書からの以下の引用文をご覧ください。

ふとん及び枕にあっては、6月に1回以上その汚れ等を除去するため丸洗い(洗濯物に洗剤液及び水を直接吹きつけるなどして行う洗濯方法であり、もみ洗い処理工程がないものをいう。以下「ふとん丸洗い」という。)をすることが望ましい

引用:公衆浴場における衛生等管理要領等の改正について – 厚生労働省公式サイト

こちらの文書は、言わば旅館業に関わる企業へと通達した指導文書のようなもので、日本中の旅館業を営む店舗がこれを基準にして営業を行っています。

そしてこの文書内に「6月に1回以上」と記載があるので、基本的にはこの頻度に従えば問題ないでしょう。(筆者はてっきり毎回洗濯しているのかと思ってましたが、普通に考えればそんなわけないですよね。)

しかし、旅館業で使用する布団は毎日使用するものは少ないと思いますし、むしろ2日に1回〜1週間に1回程度が普通だと思います。このような布団で「6ヶ月に1回」でいいわけですから、私たちが毎日使用する布団はもうちょっと頻度を増やして、「3〜6ヶ月に1回」という基準で見るのが自然ではないでしょうか?

分かりやすく言えば「1シーズンに1回」ですかね。季節の変わり目にお手入れをするくらいの感覚でいれば、

  • 清潔
  • 劣化

この2つの観点をバランスよく実現出来ると筆者は考えます。よって、かけ布団・敷き布団共に1年に2〜4回程度をめどに選択することを心がけてくださいね。

mamoru吹き出し
mamoru

清潔さを重視するなら「季節毎に1回」、布団の劣化を重視するなら「半年に1回」、このような基準で考えてみましょう。1年に多くても4回と考えれば、筆者みたいなズボラな男性でも取り組めるような気がしてくるぜ!

方法:自分でやるのは結構大変かも・・

続いて布団の洗濯方法ですが、これがなかなか大変なんですよね・・。まず前提となるのが、お持ちの布団が「水洗いOKかどうか」という点です。布団も衣類と同様に洗濯表示が付いているので、そこで一度確認してみてください。基本的には、

  • 手洗いマーク
  • 洗濯機マーク

これらが付いていたら、問題なく水洗いが可能ということになります。逆に言えば、これらにバッテンがされていたら、自宅での洗濯は不可ということなので、布団クリーニングなどの利用が必要になります(気になる方は後半のクリーニングの項目をチェック)。

一方で、布団にもいわゆる敷き布団もありますし、羽毛布団だってありますし、ポリエステル製の軽量なものも存在しています。これらを一緒くたにして洗濯方法を解説するのは不可能ですので、以下のまとめをご覧ください。

和布団
昔ながらの布団。洗濯できないこともないが、大抵の場合で中の綿が傷つき、大きく品質を低下させることにつながる。クリーニングに出すのが無難。
ポリエステル(化繊布団)
一般的な衣類と同様に、普通に洗濯機で洗濯可能。乾燥機の使用もOKなので、最もお手入れしやすい布団である。
羽毛布団
洗濯は可能だが、乾燥が大変。しっかり水を切らないと雑菌が増える原因にも。場所によっては羽毛専用の乾燥機を用意しているランドリーもある。

まず和布団ですが、こちらは自宅での洗濯は現実的ではないという認識を持ってください。中の綿が劣化する原因になりますし、布団の繊維に施されている油分による処理が剥がれてしまうので、これも急速に劣化を進める原因となってしまいます。よって、定期的に外干しを行い清潔さを保ち、半年に一度程度クリーニングに出すのが無難ですかね。

次にポリエステル、化学繊維による布団ですが、和布団とは一転して、非常にお手入れがしやすいです。一般的な衣類と同じイメージで洗濯〜乾燥まで可能ですので、積極的にお家で洗濯してみてくださいね。洗濯機・乾燥機の使用ももちろん可です。

最後に羽毛布団ですが、これは判断が難しいところがあるというのがホンネ。羽毛自体に撥水・耐水処理がされていれば自宅でも気軽に手が出せるのですが、そうでない場合には羽毛を劣化させ、ボリュームダウンさせてしまうことにもつながります。購入時に「洗濯可」みたいな広告や表示を確認しているなら自宅での洗濯機による水洗いも可能ですが、そうでないならやはりクリーニングを推奨します。

また、羽毛布団は非常に乾燥しにくいので、晴天が続くタイミングを狙って洗濯を行うのが大事です。梅雨で毎日雨なんて時に羽毛布団を洗濯してしまうと目も当てられないので、この点は注意してくださいね。上にも書いてありますが、最近では羽毛専用のマシンを置いたコインランドリーもあったりするので、そういったものを使うのもアリですね。

mamoru吹き出し
mamoru

軽量のポリエステル製布団なら洗濯は非常に楽ですが、それ以外になると重かったり洗濯機の設定が大変だったり、乾燥が大変だったりで結構手間がかかります。それだったら、次に紹介する宅配クリーニングがおすすめかもしれません。

Column:布団の寿命を延ばす「一手間」とは?

布団のお値段はピンキリですが、やはり人生の1/3以上を過ごすものですから、良い値段するものを使っている方もいらっしゃると思います。

そうなると、『出来るだけ長く使いたい』と思うのが普通です。ここでは、布団の寿命を延ばす「一手間」について解説をさせてください。

結論から言えば、布団の寿命を延ばす上で重要なことは、「呼吸をさせてあげること」になります。ちょっと分かりにくいですが、要するに、

『就寝時に溜め込んでしまった熱や湿気を、風通しの良い場所で逃がしてあげる』

これが大事なことなんです。最も良いのはやはり陰干しをしておくことですが、毎日するのは大変なので、「折りたためるすのこ」なんてを使うと簡単でいいですよ。すのこの上に布団を敷いて、起床したらすのこを「M字」に折りたたんで、空気と接する面をできるだけ増やします。こうすることで、陰干しをしなくても同じ効果を得ることができます。

この一手間で布団の持ちは全然違ってきますので、「通気性」を保てるような一手間を皆さんも意識してみてください。カビ防止にも効果的です。

対策:手間いらずの宅配クリーニングがおすすめ!

ということで、たった今解説した布団の洗濯方法を見てもらえればわかりますが、

  • 和布団:クリーニング
  • ポリエステル:自宅洗濯
  • 羽毛布団:クリーニング推奨

こんな感じの認識をしてもらえればOK。よって、布団クリーニングの利用を検討する方もいらっしゃるかもしれませんが、ここで懸念されるのが

『布団をクリーニングしてもらうって大変じゃない?』

ということです。和布団はかなり重いですし、綿なのでコンパクトにするのにも限界があります。また、羽毛布団は軽量でまとめられますが、一方で高級繊維商品ですから、ヘタなクリーニングに出すとそれはそれで怖い気もしますよね。

そこで個人的におすすめしたいのが、宅配クリーニングというサービスになります。最近CMとかもテレビで流れ出しているので、知ってる方もいらっしゃるかもしれませんが、読んで字のごとく宅配でクリーニングをしてくれるという先進的なサービスです。

  1. ネットで申し込む
  2. 専用の袋に入れて集荷の人に渡す
  3. 受け取る

私たち消費者がやらなければいけないのはこの3つだけで、あとは全部サービスの方でやってくれちゃうんですよ。通常の衣類の宅配クリーニングでももちろん便利ですが、この恩恵は布団クリーニングの方が大きいように感じます。大きな布団を自分で持ち運んで、クリーニングに出しに行くのはとても大変ですから・・。

そして気になるお値段・料金ですが、布団の宅配クリーニング大手を例に挙げると、「2枚で11,800円」これくらいを相場と考えてもらえればOK。さらにサービスによっては、追加で1,000円程度支払うことで半年〜1年程度保管をしてもらうことも可能だったりします。

布団、特に冬用のかけ布団ほどスペースを取るものはないですから、最近ではクリーニングと省スペースを兼ねて布団の宅配クリーニングを利用される方は非常に多いです。次の冬シーズンになったら自動的に綺麗な状態の布団が送られてきて、暖かくなってきたらまたクリーニングに出して保管してもらう。これを繰り返すことで、常に清潔な布団を利用できますし、自宅に布団を置いておく必要がなくなるので、知ってる人は知っているという非常に便利なサービスとなっていますよ!

mamoru吹き出し
mamoru

最近は昔と比べて収納が狭い住居も増えてきているので、1シーズンしか使わない布団を自宅に置いておくことにストレスを感じる方もいらっしゃるのが現実です。そういった時代背景もあって、保管サービス付きの布団宅配クリーニングが流行しているというわけです。毎年清潔な布団を使用できるので、人によってはかなり魅力的なサービスになっているのではないでしょうか?

シーツ編

さて、かけ布団・敷き布団の次は、シーツの洗濯頻度や方法について解説していきます。最近では夏場なら接触冷感、冬場なら吸湿発熱素材などなど、技術革新の波が最も影響を与えてる寝具がこのシーツになるわけですが、当然洗濯は必須です。

mamoru吹き出し
mamoru

シーツは直接肌に触れる機会・時間ともに圧倒的ですから、敷布団や掛け布団とは頻度が全く変わってきます。理想的な洗濯頻度についてチェックしていきましょう。

頻度:最低でも週に1回

さて、まず洗濯する頻度についてですが、掛け布団や敷布団は「年数回」という頻度でした。しかし、シーツに関してはそもそもスパンが全然変わってきて、「週1回」というのが理想の洗濯頻度だと言えるでしょう。

『え?多すぎじゃない?』

と思われるかもしれませんが、今からお話しすることを聞けば『むしろ週1じゃ少なくない?』とさえ考えてしまうと思いますよ。

さて、まず一般的に言われるのが、就寝中の発汗量です。『人は寝ている間にコップ一杯分の汗をかく』というのは一度は聞いたことがあるかもしれませんが、これは事実なんですね。ではこの汗がどこへ行くかというと、全てがシーツや布団に吸われるわけでは当然ありませんが、少なくとも肌と接している部分に関してはしっかりと汗を吸い込んでいると考えるのが自然。

さらに、布団、シーツの上には毎日7〜8時間程度横になっているわけですから、考えただけでも相当量の汗がシーツに染み込んでいると考えた方が良いでしょう。皆さんが清潔にしようと毎日洗濯している衣類よりも、圧倒的に多くの時間・多くの汗を吸い込んでいるにも関わらず、「週1」で多いと感じるのは果たして正しいのでしょうか?

こういった話を聞くと、『確かに週1でも足りないくらいだな』と思われると思います。しかし、これ以上洗濯をしてしまうと布団と同様に劣化を早めてしまいますし、何よりも手間ですから、週1を目安に洗濯することを意識してみてくださいね。

方法:基本は普通の洗濯物と同じでOK

さて、ではシーツの洗濯方法についてですが、基本的な方針についてはこちらは特に言及すべきことはないかなといった感じで、普通の洗濯物と同じで問題ありません。

ただし、覚えておくと役立つシーツ洗濯術があるのも事実なので、以下に列挙しておきます。

洗剤の香りにこだわる
睡眠と香りの関係を考えると、自分の落ち着ける香りの洗剤・柔軟剤を使用するとGood
洗濯ネットを使う
サイズが大きいので、そのままだと他の洗濯物と絡み合って手間に。大きめのネットに蛇腹状に入れると洗剤が回りやすい。
干し方は工夫を
サイズが大きいので、物干し竿2本に広げてかけるようにすると乾燥しやすく。陰干しが基本。

これらのことを頭に入れた上で、週1程度で洗濯を行えば、シーツを清潔に保った上で、長持ちさせることが可能ですよ。

もちろん、1つのシーツを使い回すよりは、2つのシーツを1週間ずつサイクルさせておく方が、結果的にそれぞれのシーツの寿命は伸びます。基本的にどんな繊維製品も使い回すことで劣化を早めてしまうので、できる限りローテーションさせることを意識させてみてください。

Check:枕の洗濯頻度は?

ここまでで布団・シーツと洗濯方法について解説してきましたが、枕についてはどうなのでしょう?

結論から言えば、枕の洗濯頻度はシーツと同様に週1程度が理想とされています。その理由としてはシーツと同様で、洗濯しやすく、かつ肌と触れる面積が圧倒的に多いからです。また、枕にはよだれや鼻水など、汗の他に体液が染み込む可能性も高いので、なおさら洗濯の頻度が重要になります。シミになったらなかなか落ちないですし・・。

一方で、枕そのものを洗うことで品質を劣化させてしまうことも当然考えられるので、基本的には枕カバー、もしくは「枕カバーのカバー(枕パッド)」の利用が推奨され、枕そのものではなくカバーの洗濯を週1程度ですれば問題ありません。

今では枕のオモテ面に取り付けるだけの「枕カバーのカバー」も売ってたりしますので、そういったものを上手に活用して洗濯の手間をできる限り軽減してみてくださいね。

まとめ

というわけで、この記事では布団の洗濯頻度と正しい洗濯方法といった、「布団のお手入れ方法」について詳しく解説してきました。

この記事でも言及したように、布団は私たち人間が人生の1/3以上を過ごす場所であり、布団の上で行う睡眠という行為で体のメンテナンスを毎日行っています。よって、布団のお手入れにこだわることは、食べ物や着るものにこだわるのと同じくらい重要なことなので、軽視すべきではないのです。

基本的な洗濯頻度は、

  • 敷き布団・掛け布団:年2〜4回
  • シーツ:週1回
  • 枕:週1回

このようになり、布団に関してはポリエステル以外の素材の自宅での洗濯は困難を伴いますから、宅配クリーニングのようなサービスの利用を推奨します。保管をしてくれるサービスもあるので、特に冬物のかさばる布団なんかはクリーニングがてら来年の冬まで保管してもらうのも良い選択肢でしょう。

というわけで、今日はこの辺で失礼します。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

宅配クリーニングサービス比較NAVIの記事執筆を担当している、家事ライターのmamoruです。「実際に利用したサービスしかレビューしない」をモットーに、日本一詳しい宅配クリーニングの紹介サイトを作るべく日々奮闘中。コメントくれると励みになります!