【宅配クリーニング】リナビスの口コミや評判はホント?実際に利用して徹底レビュー!

【宅配クリーニング】リナビスの口コミや評判はホント?実際に利用して徹底レビュー!

宅配クリーニングって、便利で助かりますよね。外に出ることができなかったり、あるいはちょっと面倒だったり。あとは、身近に良いクリーニング店がないなんて場合でも、全国どこからでも家から出ずに利用できるのが宅配クリーニングなので、『使ってみたい!』と思っている方も増えてきています。

そして、宅配クリーニングの中でも特に人気なのが、「リナビス」というサービスです。

  • 「おせっかい」なほどキメ細かいサービス品質
  • 衣類から布団、さらにはぬいぐるみまで対応
  • 最長12ヶ月まで保管可能

ザックリ言うとこのような特徴を持った宅配クリーニングであり、ネットを中心に口コミや評判が非常によく、話題になっているんですよ!

そんな話を聞いたら、実際に使ってみたくなるってのが人情ってもの。というわけでこの記事では、リナビスの口コミや評判が本当なのか、実際に利用して徹底的にレビューをしてみました!

mamoru吹き出し
mamoru

この記事をご覧いただき、ありがとうございます。家事ライターのmamoruです。今回レビューしてみたのは、宅配クリーニングのリナビスです。前評判は非常に高く期待大なサービスですが、実際のところどうだったのか、ご覧いただければと思います。

目次

リナビスの基本情報

リナビス公式サイト画像
商品名 リナビス
会社名 株式会社東田ドライ
価格(衣類5点コース) 8,550円

さて、ではまずはリナビスの基本的な情報から見ていきましょうか。この章では、以下の3つの情報にフォーカスして、リナビスについてお話ししていきます。

  1. 会社情報
  2. コース
  3. 実際の利用手順

どれも非常に重要なものとなっているので、気になるところだけでも目を通しておきましょう。

mamoru吹き出し
mamoru

上の表を見てもらえれば分かると思いますが、リナビスの「衣類5点コース」は8,550円と、少々・・、いや、結構高いです。しかし、この価格でも人気なのがリナビスのスゴさでもあるので、その理由についてまずは知っていきましょう!

気になるリナビスの会社情報を知っておこう!

まずはリナビスの会社情報からお伝えしていきます。宅配クリーニングは自分の目で実際の店舗を見て選ぶことはできないため、事前にどのような会社が運営しているのかを知っておくことは重要ですよ。

「株式会社東田ドライ」の詳細

リナビス運営企業情報

リナビスの公式サイトを隈なくリサーチしてみましたが、運営している会社は「株式会社東田ドライ」というところだと分かりました。詳細は以下の通りです。

所在地
兵庫県西脇市
店舗運営責任者
東田伸哉
直営営業店
5店舗

会社の所在地は兵庫県の西脇市、運営責任者、つまり社長さんは東田さんということで、創業者なんですかね?

これについても調べてみたところ、この東田伸哉さんというお方は「跡取りとして生まれた」として書いてあるので、創業者の息子さんということでした。人口減少により傾いていた業績を、宅配クリーニングという次世代のクリーニングという事業を立ち上げ見事にV字回復。なかなかのやり手のお方のようです。

しかし、会社としてはそれほど大きいというわけではないようで、どちらかというと「地元の老舗」といったイメージを持ちました。

当社は兵庫県の田舎町“西脇市”でクリーニング一筋、60年間やってまいりました。そんな田舎だからこそ、クリーニング業界の激しい価格競争に巻き込まれることなく、地域の皆様のために、丁寧に手間暇かけた「手作業でのクリーニング」を守り続けていくことが出来ています。工場の職人たちは私が生まれる前より、ずっと昔からクリーニングに取り組んできた者たちばかりです。なかには40年以上クリーニングに関わる、熟練の職人もいます。

こちらの引用文を見てもらえれば分かりますが、元々は地域に根ざしたクリーニング屋さんで、「高品質・高価格」路線を貫いてきたことが分かりますよね。40年以上働いてきた熟練クリーニング職人もいらっしゃるようで、これこそがリナビスの高品質を支える理由なのかもしれません。

mamoru吹き出し
mamoru

公式サイトを見てもらえれば分かりますが、自分たちの会社のことを丁寧に、詳細に記載してくれています。しっかり住所も示しているので、怪しいサービスという印象は微塵も感じませんでした。むしろ地元の誠実な企業が運営する、優良的なサービスって印象です。

たくさんあるリナビスのコースを全部まとめてみた

さて、リナビスの企業情報についてまとめてきましたが、ここからは具体的なリナビスのサービス内容について見ていきましょう。

といっても、リナビスには本当にたくさんのコースが用意されていて、クリーニングできるモノについても非常に広範です。よって、ちょっと長くはなってしまうのですが、それぞれのコースについて詳しく解説していきます。ラインナップについては以下の通りです。

  1. 衣類3点〜20点コース
  2. ビジネスコース
  3. 着物コース
  4. 布団コース
  5. 布団リフォームコース
  6. ぬいぐるみコース
  7. カーテンコース
  8. 絨毯コース
  9. 洗わないクリーニング5点〜20点コース
  10. 衣類保管コース
  11. バッグコース
  12. ブランド衣類コース
  13. 靴コース
  14. 財布・小物コース

いや〜、めちゃめちゃ多いですね。ライターの腕の見せ所なので、頑張って手短に解説していきます!

衣類3点〜20点コース

リナビス洗わない5点コース
コース名 価格(一点あたりの価格)
衣類3点コース 4,920円(1,640円)
衣類5点コース 8,550円(1,710円)
衣類10点コース 11,700円(1,170円)
衣類20点コース 19,800円(990円)
・コース詳細

  • 抗菌
  • シワ予防
  • 柔軟
  • 毛玉防止
  • 静電気防止
  • 12ヶ月無料保管

まずは「衣類3点〜20点コース」について紹介しますが、こちらがリナビスの最もオーソドックスなコースとなっています。プラン料金は上記表の通りで、3点コースより5点コースの方が高いのはちょっと謎ですね。普通はまとめればまとめるほどお得になるはずなのですが。

まあでも、5点コースを頂点として、10・20と増えれば増えるほどお得になるので、どうせ出すなら一気に出しちゃった方が良さそうです。

また、付属するオプションの充実度が高いのもリナビスの魅力で、特にありがたいのが「12ヶ月無料保管」ではないでしょうか?特に自宅のタンス・押し入れ容量を圧迫する冬物は、本当に収納するのが面倒です。そういう意味で、リナビスのクリーニングは「倉庫代」も込みだと思った方が良さそうです。

このように、「倉庫代」という観点を加えて上記金額を見てみると・・、各コースの料金もそこまで高く感じないのが不思議です。冬物20点まとめて翌年の冬シーズンまで預けてしまえば、一着あたり990円で保管してくれるわけですからね。しかも本格クリーニングまでしてくれますし、衣類のプロがしっかり保管してくれる。う〜ん、なかなかに魅力的ではないでしょうか?

mamoru吹き出し
mamoru

このコースが、リナビスの衣類クリーニングの最もベーシックなものとなります。先にも述べたように、「倉庫代」込みで考えた方が正確にリナビスのサービスとしての価値を捉えることができそうですね。

ビジネスコース

リナビスビジネスコース
コース名 価格(一点あたりの価格)
ビジネスコース(6点) 4,770円(795円)
・コース詳細

  • スーツ類を6点までクリーニング可能
  • 汗抜き加工標準装備
  • ジャケット・スラックス・ベストそれぞれ1点ずつとカウント
  • ネクタイ・ワイシャツは別料金

こちらのビジネスコースは、名前の通りスーツ関連の衣類のクリーニングを行うコースです。6点クリーニングを行ってくれて、1点795円、トータルで4,770円です。

衣類クリーニングのように、抗菌やシワ予防などなどは付帯しておらず、保管も無料ではありません。しかし、スーツを保管することはあまりないと思うので、問題はないかなと思います。

着物コース

リナビス着物コース
コース名 価格(一点あたりの価格)
着物コース 15,000円(15,000円)
・コース詳細

  • 帯など付属品もクリーニング可
  • 納期は最短でも1ヶ月
  • 保管不可

こちらの着物コースは、大切な着物を丁寧にクリーニングしてくれるコースです。価格は15,000円と結構なお値段ですが、着物なので安かろう・悪かろうではいけませんから、必要経費だと割り切った方が良さそうです。

帯など付属品のクリーニングも可能なのが、嬉しい点ですよね!

布団コース

リナビスふとんクリーニングコース
コース名 価格(一点あたりの価格)
敷布団1枚 9,300円(9,300円)
敷布団2枚 12,800円(6,400円)
掛け布団1枚 8,800円(8,800円)
掛け布団2枚 11,800円(5,900円)
・コース詳細

  • 掛け布団も追加可能(有料)
  • シーツ・枕・小物も追加可能(有料)
  • 12ヶ月無料保管

他のサービスではあまり見られないのが、こちらの「布団コース」ではないでしょうか?敷布団・掛け布団1枚から対応してくれますが、共に多ければ多いほど料金は安くなります。上記表はあくまで参考で、敷布団・掛け布団の枚数で大きく変化しますから、布団クリーニングが気になる方はリナビス公式サイトでチェックしてみてください。

また、敷布団・掛布団共に12ヶ月無料保管に対応してくれているのも嬉しいポイントです。特に冬モノの布団は本当にかさばりますから、倉庫代込みって考えると悪くはない気もしてきます。

ふとんリフォームコース

リナビスふとんリフォームコース
コース名 価格(一点あたりの価格)
シングル 23,000円
ダブル 32,700円
・コース詳細

  • 羽毛の掛布団もみ
  • 感触・保温性・弾力性などの特性を戻す
  • ふかふかの状態で戻ってくる
  • 保管不可

布団のクリーニングではなく「リフォーム」をしてくれるのが、こちらの「ふとんリフォームコース」です。

要するに時間経過でクタクタになった羽毛布団を、新品同様のクオリティにしてくれるというサービス内容ですね。コース料金がシングルで23,000円とやや高めですが、高級羽毛掛布団を使っている方からすれば、新しいものを買い直すより安上がりかもしれませんね。

ぬいぐるみおしゃべりコース

リナビスぬいぐるみコース
コース名 価格(一点あたりの価格)
ぬいぐるみおしゃべりコース 6,000円
・コース詳細

  • おしゃべりボタン「ペチャット」がセット
  • ペチャット不要なら衣類クリーニングで対応

リナビスではぬいぐるみまでクリーニングできるのですが、こちらの「ぬいぐるみおしゃべりコース」は、本当にクリーニングしたぬいぐるみが「喋るようになって帰ってくる」ので、さすがの筆者も驚きました。

最初は『喋ってしまうくらい綺麗になって帰ってくる』っていう比喩のイメージだったんですが、「ペチャット」というぬいぐるみにつける音声が出るボタンがセットになって返送されてくるので、「喋る」というのは比喩ではなく本当に喋るってことなんです。いやー、すごいクリーニング店ですよね。

mamoru吹き出し
mamoru

ぬいぐるみのクリーニングが需要あるのかはさておき、このようなユニークで面白いサービスを展開している点も、個人的にはリナビスの評価ポイントなのかなと思っています。確かに価格は高いですが、他店では絶対に真似のできないことですから、魅力に感じるユーザーも多いでしょうね。

カーテンコース

リナビスカーテンコース
コース名 価格(一点あたりの価格)
カーテンコース 5,500円
・コース詳細

  • シルク・麻・綿それぞれ対応可能
  • 集荷バックに入る範囲が上限
  • 有料で「防炎・防カビ」オプション可能

こちらのカーテンコースは、素材にかかわらずクリーニングしてくれる点が魅力です。また、家事の際に延焼させてしまう一因であるカーテンを、有料ですが防炎加工してくれるのもかなりありがたい。

他のサービスではあまり見ない、なかなかにユニークなクリーニングですよね。

絨毯コース

リナビス絨毯コース
コース名 価格(一点あたりの価格)
絨毯コース 3,920円
・コース詳細

  • 電気カーペット・玄関マットも対応
  • 有料で「防ダニ加工」オプション可能
  • 送料別

カーペットや絨毯をクリーニングしたいと思っても、なかなかする機会がないですし、何より運ぶのが大変ですよね。したがって、リナビスの絨毯コースのようなサービスは、持ち運びしにくいものとの親和性が高いです。

価格も1枚3,920円と比較的リーズナブルなので、季節の変わり目に衣類と一緒に頼んでしまうのも悪くないかもしれません。

(洗わないクリーニング)5点〜20点コース

リナビス洗わない5点コース
コース名 価格(一点あたりの価格)
5点コース 4,250円(850円)
10点コース 7,500円(750円)
20点コース 14,000円(700円)
・コース詳細

  • ボタン修理
  • 毛玉取り
  • アイロンがけ
  • ほつれ修理
  • 12ヶ月無料保管

クリーニングをお願いする上で、「洗って欲しくない」って場合もあると思いますが、そういったときにこちらの「洗わないクリーニング」があると助かります。

価格は普通のクリーニングよりもリーズナブルで、利用しやすいのも特徴。ボタンの修理や毛玉取りなど、クリーニングというよりは「お手入れ」って側面の方が強いかもしれませんね。

もちろん12ヶ月無料保管にも対応しています。

衣類保管コース

リナビス衣類保管コース
コース名 価格(一点あたりの価格)
衣類保管コース(20点) 4,500円(225円)
・コース詳細

  • クリーニング対象外の衣類でもハンガーにかけられるなら対応
  • 衣類ごとにカバーをしてハンガーにかけた上で保管

リナビスのクリーニングには保管が無料で付帯してくる点が魅力だと言いましたが、その保管だけをしてくれるのが「衣類保管コース」ということになります。価格は20点で4,500円。これより少ない点数も、多い点数もありません。追加の場合には1点300円がかかります。

要するに単純な倉庫代ということですが、かなり助かるお家も多いのではないでしょうか?筆者は田舎の家に住んでいるので広さだけが取り柄の住居なのですが、都心部にお住いの方にとっては収納が喉から手が出るほど欲しい・・、なんてこともあると思います。

そういった場合に利用してみるといいかもしれませんね。仮に12ヶ月フルで活用した場合、1着あたりの料金はなんと19円!駄菓子かよ。

皮革・ブランド品クリーニング

リナビスバッグコース
コース名 価格(一点あたりの価格)
バッグコース 24,000円
ブランド衣類コース 14,000円
靴コース 16,000円
財布・小物コース 16,000円
・コース詳細

  • 傷・擦れの修復
  • 【バッグ】+7,500円でカラーチャンジ
  • 【ブランド衣類】+10,000円で色補正

最後にまとめて紹介するのが皮革やブランド品のクリーニングコースです。これらのものは高価で、なおかつ強い愛着を持っていることが普通。よって、新しく買うのではなく、クリーニングに出して使いたい、という気持ちに応えるサービスですね。

価格の方はどれもそれなりにしてしまいますが、細かい傷や擦れの修復をしてくれるので、見栄えは相当アップすると思いますよ。また、バッグとブランド衣類に関しては色についてもいじってくれるので、印象を変えたりできる点も嬉しいポイント。

こちらのコース、結構利用者が多いみたいで、リナビスの中でも意外と人気なコースとなっています。一点物や貴重な品を綺麗にして使いたいなら、ぜひ使ってみたいサービスですよね。

リナビスが選ばれている理由はコレ!

かなりボリューミーになってしまいましたが、リナビスのコースの紹介は以上です。本当にたくさんのコースが用意されているので、自分に合ったコースを選んでみてくださいね!

この章の最後に、リナビスが選ばれている理由についてザッと解説していくので、目を通しておくことをおすすめしますよ。

1:創業60年以上の「おせっかい品質」

リナビス公式サイト画像

リナビスの魅力としてあげられるのが、「おせっかい」とも言うべき、他社ではやらない『非効率な作業』です。

一見すると『非効率な作業」はネガティブに聞こえるかもしれませんが、一般的な格安クリーニングは皆さんもご存知の通り、工場に送ってほとんどの工程を機械が行います。このやり方を否定するわけではありませんが、やはり大事な洋服は機械ではなく「人」に丁寧に扱って欲しいと思う気持ちもあると思うんですよね(もちろん安いのも魅力だけど)。

しかしそうなった時に、じゃあ果たして身近な店舗で「衣類のプロ」によるクリーニングを受けられるのかと言えば、現代だと「受けられない」というケースの方が多いのではないかと思います。都市部および都市部近郊では、工場のオートメーション化に伴う価格競争に飲み込まれ、「衣類のプロ」たちはその姿を消してしまったからです。

筆者くらいの田舎になると、チラホラ昔ながらのクリーニング店はありますが、どこのお店も高齢化しており、そのうちなくなってしまうと思います。そうなると、一体どこの衣類のプロに高品質なクリーニングを頼めば良いのでしょうか?

そう、ここで出てくるのがリナビスのような宅配クリーニングというわけなんですね。ではリナビスが一体どのような「おせっかい」を焼いてくれるのかと言えば、

  1. 必ず職人が最適な洗い方を判断する
  2. 依頼がなくても気がついたらシミ抜きやボタンの修理、毛玉取りを行う
  3. 最新機械に負けない仕上げを徹底的に追求する

このようなものが挙げられます。どれも機械にはできないキメ細かいサービスなので、やっぱり人間には人間の良さがありますよね。それぞれの衣類で特徴は異なると思いますし、それに合わせてクリーニング手法を変えてくれるのはとてもありがたいこと。これだけでも、リナビスを使うメリットになると個人的には思ってます。

mamoru吹き出し
mamoru

とはいえ、やはり価格面はちょっと気になりますから、例えば『大切な衣類はリナビスにお任せする』みたいな使い分けもいいかもしれませんね。

2:モンクレール・カナダグースなど、高級ブランドにも難なく対応

リナビスは高級ブランドにも対応

先述のように、リナビスは高級ブランド専用のクリーニングを用意していますが、他店では断られがちなモンクレールやカナダグースといった、最上級ブランド、かつダウンジャケットなど扱いが難しい衣類についても、問題なく・・、いや、むしろ自信を持ってクリーニングを行ってくれます。

これはまさしく職人技のなせるところで、クリーニング歴40年以上のベテラン職人さんがいらっしゃるからこそのサービスですよね。他店舗だと断られることもあるので、この点を魅力に感じる方は少ないかもしれませんが、間違いなくいらっしゃると思いますよ。

3:12ヶ月の無料保管がやっぱりありがたい

リナビスは無料保管してくれる

個人的にイチオシなのが、やっぱり12ヶ月の無料保管サービスだと思うんですよね。1シーズン以外使わない洋服ほど邪魔なものはありませんから、クリーニングしてもらった上でクローゼット代わりにもなってもらう・・、なんてのは現代のクリーニング店らしい、先進的なサービスだと感じます。

時代の進歩に伴って住宅の面積もどんどん縮小していってますので、当然収納スペースも限られていくのがこの先の時代の流れ。しかし、私たちが着る服、使う布団といったものは、住宅面積のように減らしようがありません。したがってこれから先は、クローゼットやタンス、押し入れも「リモート」していく時代なのかもしれません。

その先駆け的な存在として、リナビスを選んでみてはいかがでしょうか?

リナビスの口コミ・評判

リナビスの基本的な情報についてお伝えしてきましたが、続いてリナビスを実際に利用した方々の口コミや評判について見ていきましょう。

mamoru吹き出し
mamoru

やっぱり、一番参考になるのは使った人たちの生の声ですよね!

女性の口コミ

仕事が丁寧で驚きました

クリーニングしようにも外に出れない状況が続いてしまっていたので困っていました。そうしたところ、旦那がネットで見つけたみたいで、あんまり乗り気ではなかったですが使ってみました。本音を言うと調べてくれた旦那に悪かったので渋々って感じでしたが、いざ使ってみるとものすごい丁寧な仕事をしてくれて良い意味で裏切られてしまったんです。カード?みたいなものに修正して欲しい箇所を書いたのですが、それ以外にも細かいほつれやシミなども取ってくれたようで、これは行きつけのクリーニングより良いぞ、という話に・・。なんとなくネットということで違和感・抵抗感がありましたが、実際に使ってみることは大事ですね。これからリピートしていく予定です。

女性の口コミ

機械オンチの自分でもできた!

数年前にスマホを手にするも、LINEがぎこちなくできる程度の機械オンチです。お友達に宅配のクリーニングを教えてもらって、登録から使い方もある程度教えてもらいました。慣れない作業でしたが、いざやってみると想像以上に簡単です。スマホでの申請が終わったら、あとは集荷がきてそれを渡すだけで完了でした。こちら側でやる事はネットでの登録くらいで、あとは送られてくる袋に衣類を入れて集荷に渡して終わりでしたよ。クリーニングの質については皆さん言われているように文句のつけようがありません。一応来年の冬の始まりまで管理してもらう予定です。

女性の口コミ

クリーニングの匂いがしない

一番驚いたのはクリーニングのあの匂いがしないことでした。調べてみると石油系の溶剤の匂いみたいですが、リナビスではほとんど使っていないみたいです。天気の良い日に干したみたいな質感で帰ってきたので、普段のクリーニングとは違います。また使います。

男性の口コミ

忙しくてクリーニングする暇のない人におすすめ

しなきゃしなきゃとは思うものの、なかなか踏み切れなくてクリーニングを先延ばしにしてきました。もう最近は買い物もほとんどネットですので、「クリーニングもネットでできねーかなー」なんて思っていたら本当にできるみたいで。時代の進歩ってすげーと思いながら、ぽちぽちっと会員登録して早速利用開始。集荷キットにスーツ類を詰めて発送し、あとは届くのを待つのみで簡単過ぎますよね。仕上がりについては文句なしです。職人さんがやっているみたいなので心配はしてませんでしたが、シャツの襟など綺麗になって帰ってきました。これからはもうリピート確定。

女性の口コミ

保管が嬉しいが安ければもっと良い

保管サービスがすごくありがたい。クローゼット・押入れがパンパンでどうしようかと思ってましたが、クリーニングしながら保管してくれるという夢のようなものを見つけました。でも全部クリーニングしてもらうのはいらなかったので、大事なものはクリーニングしてもらって、そうでないものは保管だけを利用しました。物理的にも精神的にも窮屈だった我が家がスッキリして満足です。でもちょっと高いのでもう少し安くなれば良いなって思いました。

女性の口コミ

ブランドクリーニング最高

カナダグースのダウンをクリーニングしてもらいました。近くのクリーニング店では断られてしまったので途方に暮れていましたので、非常に助かりました。ありがとうございます。物が物なので仕上がりがとても不安でしたが、色合いなど一切損なわれずむしろ二割り増しくらいで返ってきたのでもう嬉しかったです!ダウンのもふっとする感じも明らかにボリュームアップで、すごくありがたいですね!

リナビスを実際に購入して使ってみたレビュー

というわけでリナビスを利用してみた方々の生の声について見ていきましたが、いかがでしたか?個人的にもネット周りを中心として口コミを調べてみたんですが、概ね良い口コミが多かったですね。特に地元のクリーニング屋さんと比較しているレビューが多く、仕上がり品質の高さに驚いていたのが印象的でした。

これは実際に筆者も早く使ってみたいと思いましたので、ここからは筆者がリナビスを実際に利用してみたレビューをお届けしていきます!

mamoru吹き出し
mamoru

実際の写真を使って分かりやすく紹介していきますので、もう少しのお付き合いお願いしますm(_ _)m

登録から受け取りまでのリナビスの使い方を時系列で解説!

さて、ではまず、リナビスに登録してから受け取りまでの流れを時系列に沿って見ていきましょう。特にパソコンやタブレット、スマホといったインターネット関連の操作に自信がない方は、1度目を通しておくことをおすすめしますよ!

1:リナビスに会員登録・注文する

最初にしなければいけないことがリナビスへの会員登録です。必要な情報を記入していくだけなので、それほど難しくはないですが、デジタル機器の操作に慣れていないとちょっとだけ手間取るかもしれません。実際の画像を見て確認していきましょう(以下の画面はパソコンによるものです)。

リナビス公式サイト画像

こちらがリナビス公式サイトのトップ画面ですが、下の方にあるオレンジ色の、

『ご注文はこちら』

というボタンをクリックしましょう(スマホでも同じようなボタンがあるので「タップ」です)。すると、以下のような画面が表示されます。

リナビス会員登録手順1

ここでは、まず上の方にある「コース選択」というところで、以下の3つのコースから自分が希望するものを選んでいきましょう。

コース名 価格(一点あたりの価格)
衣類5点コース 8,550円(1,710円)
衣類10点コース 11,700円(1,170円)
衣類20点コース 19,800円(990円)

今回筆者は「5点コース」を選ぶこととしました。1着あたり1,710円ですから、結構なお値段。普段クリーニングに出さないような大切にしている洋服を出すこととしましょう。

自分が利用するコースを選んだ後は、画面を下にスクロールです。すると、こちらの画面が表示されますので、求められる情報を記入していきましょう。

リナビス会員登録手順2
  • 商品点数追加
  • リピート割
  • 汗抜き加工
  • はっ水加工
  • カビ抜き加工
  • 臭わん加工
  • 掲示カード

記入すべき情報はこの通りで、基本的に「加工」とあるものは有料オプションとなっているので、この点ご注意を。記入が終わったら、画面下にある赤いボタン、

『ご注文へ進む』

というところをクリックし、次の画面へ進んでいきます。

リナビス会員登録手順3

それがこちら。「ショッピングカート」というページへとアクセスするので、ここで画面右下にオレンジ色である、

『新規会員登録して注文する』

をクリックです。スマホだと下にあると思います。

リナビス会員登録手順4

というわけで、今度は会員登録画面へと移るので、求められる情報を記入していきます。こちらの画像のように、

リナビス会員登録手順6

名前や住所の記入を求められるので、間違えないように丁寧に記入していけばOK。制限時間などは特にないので、慌てずゆっくりとで大丈夫ですよ。

特に打ち間違えやすいのが、

リナビス会員登録手順5

こちらのメールアドレスです。長かったり複雑だったりするので、コピー&ペーストをした方が正確に記入できると思います。

リナビス会員登録手順8

また、一般的なWebサービスと同様に、パスワードの記入を求められるので、どこかにメモを取った上で記入しましょう。英語と数字を混ぜたものにしましょうね。

そしてあとは、支払い情報の記入を行えばこれにて会員登録&注文が終わります。支払い方法として選べるのは3つ。

リナビス会員登録手順11
  1. クレジットカード
  2. 後払い
  3. 代金引換

こういったネットサービスの場合、クレジットカードが一番てっとり早くておすすめです。

リナビス会員登録手順12

そして、最後に画面下にある青色の、

『注文を確定する』

というボタンをクリックで、無事に注文が確定!これでリナビスへの会員登録と注文が完了です!

mamoru吹き出し
mamoru

文章にするとちょっと長く感じるかもしれませんが、実際にやってみると5分もかかりません。一般的なネット通販サイトと勝手は同じですので、それほど身構える必要はないですよ。

2:メールを確認し、お届け日時を指定する

さて、無事に会員登録と注文を終えたら、リナビスからすぐにメールが届きます。それがこちら。

リナビスからの注文メール

いわゆる「注文完了メール」のことで、これが会員登録した際に打ち込んだメールアドレス宛に届くので、しっかり確認しておきましょう。もしメールが届かなかった場合には、迷惑メールフォルダーに入っている場合があります。それでも見つからなかった場合、リナビスに直接電話してみた方が良いかもしれません。

そして、このメールの中には、以下のような記述がありました。

リナビスの日時指定メール

こちらは『保管衣類のお届け希望日時の登録』を促すもので、「12ヶ月無料保管」が付いたコースを注文したユーザーに届く内容みたいですね。青色の文字列(URL)をクリック・タップして、希望するお届け日時を決定していきます。

リナビスの日時指定その1

青色のURLにアクセスすると、『「仕上がり品」お届け希望日入力カレンダー』というページに飛ぶので、ここの画面で仕上がった衣類をいつ配達してもらうのかを決定していきます。

画面を下にスクロールしていきましょう。

リナビスの日時指定その2

すると、このようにカレンダーが表示されます。画像では、2020年の5月が表示されていますが、現在が5/22ということで、直近10日間程度は「選択不可(×)」となっていることがわかりますね。

画面真ん中の右端にある「次月」というところをクリックすると、2020年6月のカレンダーへと飛ぶことができたので、そこで6/4を指定しました。なお、カレンダーは一年後まで用意されているので、ここでどれくらいの期間保管してもらうのかを12ヶ月間の中から選ぶことになります。

なお、「お届け希望日入力カレンダー」となっていますが、

『いつ届けてもらうのか = どれくらいの期間保管してもらうのか』

ということですから、衣類をクリーニングに出した後、保管しておいてもらいたい方はこの点注意しましょう(お届け希望日を入力しないと、およそ1ヶ月程度の期間で戻ってくるようです)。

リナビスの日時指定その3

ともあれ、配達日を無事に選択すると、こちらのような確認画面が表示されます。

  1. 選択されたお届け希望日
  2. 選択されたお届け希望時間
  3. 注文コード
  4. 商品名

これらが記載されているので、確認の上、画面下にある青色のボタン、

『お届け希望日時を確定する』

をクリック・タップしましょう。その後、以下のような「お届け日時の登録が完了しました。」というタイトルのメールが届きます。

リナビスでの日時指定完了メール

これにてリナビスでの「お届け日(保管期間)」の指定は終了。

3:配送キットを集荷に出す

お届け日の指定が終わったら、2営業日程度で配送キットがリナビスから送られてきます。それがこれ。

リナビスから送られてきた配送キット

かなりコンパクトなダンボール箱となっていて、この中に配送キットが入っているということです。

リナビスから送られてきた配送キットの中身

開けてみるとこのようにバッグ?のようなものが畳んで入れられていました。早速開封してみましょう。

リナビスから送られてきた配送バッグ

広げてみると先ほどのコンパクトさとは裏腹に、結構なサイズ感がありました。よほど変わった衣類でなければどんなものでも収納できるくらいの大きさはあるので、これなら安心ですね。

リナビスに出した配送キットを横から

早速衣類5点を詰めてみましたが、普通に余裕を持って入れることができました。

リナビスから送られてきた書類

また、配送キットの中には「リナビス専用クリーニング申込用紙」というものも入っていたので、これを配送キットに封入してセットで送るという流れ。記載する内容としては、以下のような感じ。

お名前
漢字とふりがなを記載。
衣類の点数
「大人服/子供服/リアルファー」それぞれの点数を記載。
クリーニングに関するご要望
「無料シミ抜き/汗抜き加工/カビ抜き加工/撥水加工」を記載し、詳細を空欄に記入。

基本的にはWeb注文の際に一緒に記入したものなので、内容の重複があるのがちょっと気になりますね。まあでも、30秒くらいで終わるものなので大したことはないです。ちなみに筆者は、要望としてシミ抜きの箇所を指定しておきました。この方が作業しやすいかなと思ったのですが、多分プロの方々なら言わなくてもわかるでしょう。

リナビスから送られてきた書類には結束バンドがついていた

また、この「リナビス専用クリーニング申込用紙」の下の方に、こんな感じの結束バンドが付いてました。この使い方は後ほど解説します。

リナビスの配送段ボールに入っていた記入用紙

また、申込用紙の他にこのような伝票も入っていたので、これも配送バッグに封入します。

リナビスの配送バッグに入れた書類

実際の写真としてはこんな感じですね。バッグの外側に、

  • 申込用紙
  • 宅配伝票

この2つの書類を入れておくスペースがあるので、ここに2つをセット。あとは先ほど紹介した結束バンドで、バッグのチャックをしっかり固定すればOK。

リナビスに出した配送キットを結束バンドで固定

実際の写真はこんな感じ。これだけガッチリやれば、多少揺さぶられたくらいではビクともしないでしょう。配送中の事故を極力防ごうとする姿勢は好感が持てます。

mamoru吹き出し
mamoru

あとはこのバッグをWeb注文の際に指定した日時・時刻にヤマト運輸の人に渡せば受け渡し完了です。こちら側でやったことは申込用紙や伝票を書いて、衣類をバッグに詰めただけ。非常に簡単だったので助かります。

4:受け取る

一度配送バッグをリナビスに向けて出したら、こちら側ですることはもう何もありません。あとは受け取るだけです。

バッグを発送後、リナビスからこのようなメールが届きます。

リナビスの受け取り完了メール

このメールが来たらリナビスの方に衣類が届いたということなので、とりあえずホッとしましたね。なんとなく自分の元から自分の衣類たちが離れていくのが心配だったので。こういったメールをくれるのは地味ですが嬉しいポイントです。

そこから時間が経って、『そろそろ発送メールが来る頃かな〜』なんて思っていたら、以下のようなメールが届いたので少し驚きました。

リナビスの配達に関するメール

この度は、宅配クリーニングのリナビスをご利用いただきまして誠にありがとうございます。恐れ入りますが、本日発送予定でご注文を頂いておりましたクリーニング品ですが、発送前の検品の際に、お預かりしておりますお品物に気になる点があり、再度、処置を施させて頂いております。準備が整いましたら、発送させて頂きますので今しばらくお待ち頂けましたら幸いに存じます。

どうやら発送直前の職人さんによるチェックの過程で、プロの目から見て気になった点があったということなのでしょう。再度無料で処置をしてくれるということなので、この辺りからリナビスというサービスの真髄というか、信念みたいなのが伝わってきますよね。

だって、こんなのサラッと流しちゃえばいいだけじゃないですか。別に誰も気がつかないし、こちら側は届いたものが「完成品」だと思うので、多少の粗があっても「こんなもんか」程度ですませると思うんです。

でも、職人さん目線で気になるところがあれば、徹底的にやってくれる。これは現代のサービスではかなり異質に映ります(もちろんいい意味で、です)。何でもかんでも機械でオートメーション化すればいいってものでもないのかもしれないっすね。

リナビスの発送完了メールの発送完了メール

そしてこのメールから2日後、無事にリナビスから発送されました。そこから2日程度で届いた写真がこれ。

リナビスの配送ダンボール

結構大きめのダンボールで届いたので、ちょっと驚きました。てっきりあの配送バッグで返送されるのかと思ってましたが、クリーニング済みのものをあそこに入れるとクシャクシャになっちゃいそうですしね。ダンボールで納得です。

中の衣類についてはこの後、レビューのところで扱います。とりあえずリナビスの登録から受け取りまでの一連の流れ、使い方については以上です。滞りなく最後までスムーズに進んだので、終始安心して利用することができましたよ。

リナビスを実際に利用してみたレビュー

というわけでここからは、リナビスを実際に利用してみたレビューをお届けしていきます。

良い部分・悪い部分すべてバッサリ告白してますので、要チェックですよ!

1:クリーニングの品質について

まず最初に言及するのが、皆さん気になるであろうクリーニングの品質についてです。

今回筆者が利用したのは、最もノーマルな衣類コースのうち、「衣類5点コース」でした。

コース名 価格(一点あたりの価格)
衣類3点コース 4,920円(1,640円)
衣類5点コース 8,550円(1,710円)
衣類10点コース 11,700円(1,170円)
衣類20点コース 19,800円(990円)

価格については5着で8,550円ということで、ちょっと割高感があるのが事実。リナビスはクリーニング業界では珍しく「定額制」を採用しているので、逆に言えば他のサービスに出したら高くつくものを積極的に出した方がお得ということになります。

というわけで、今回は冬物の大型のジャケットやダウンなど、クリーニング業界の中でも最も価格が高くなりがちなものを中心にチョイスしてみることにしました。記事ではその中でも、ダウンジャケットとキルティングのコートにフォーカスしていきます。

リナビスに出した赤いダウン(送る前)

まずこちらがダウンジャケットです。UNIQLOの1万ちょっと?くらいのもので、もう長年使ってきた筆者のお気に入りです。しかし、ダウンのクリーニングとなると高くなりがちなので、最近はあまり出していなかった気が・・。

実際、その影響が色々なところで出てきていて、特に皮膚に触れやすい袖や首元なんかは、

リナビスに出した赤いダウンの袖(送る前)

このように、若干黒ずんでしまっています・・。お見苦しいものを申し訳ないです。自分でこのダウンを洗うのとかできないですし、乾かすのだって自然乾燥じゃ厳しそう・・。なので、これがリナビスの宅配クリーニングでどのくらい綺麗になるか、注目ですね。近所のクリーニング店に出しても落ちなかった汚れなので、正直あんまり期待はしてませんでしたが。

そしてダウンの他に、キルティングのコートにも注目してみました。

リナビスに出した白いコート(送る前)

それがこれ。こちらは一回やらかしてしまいまして、

リナビスに出した白いコートのシミ(送る前)

裾の部分がこんな感じにシミになっちゃってるんですよね・・。それ以来着なくなって、クリーニングに出すのも面倒で出してませんでした。良い機会だということで、今回出してみることに。

リナビスに出した白いコートの毛玉(送る前)

また、なんだかんだで長いこと着ていたので、このように毛玉もちょこちょこ出てきてしまってます。リナビスはシミ抜きも毛玉取りも無料ということで、期待したいところですね。

リナビスの配送ダンボール

さて、というわけでリナビスから届いたこちらの箱を開けてみましょう。

リナビスの配送ダンボールを開けてみた

まず目に飛び込んできたのは、パンフレットやら次の発送で使う配送バッグやら、まあそんなところです。配送バッグがこの段階で送られてくるのは、また使いたいと思った時にすぐに使えるので便利ですね。もちろん利用しないなら、捨てるなり自分で使うなり、好きに使ってってことでしょう。特に2回目の利用が義務になるとか、そんなことはありません。

リナビスの配送ダンボールを開けてみたその3

そして、いよいよ赤いダウンのお目見えです。綺麗になったかな〜なんて見てみると、こんな紙が貼られていました。

リナビスのシミ抜き完了用紙

「シミ抜き完了のお知らせ」

お〜、これは朗報ですね。どうやら赤いダウンジャケットについたシミは、無事に取れてくれたようです。

リナビスに出した赤いダウンの仕上がり

こちらがその赤いダウンジャケット。取り出してみてまず思ったのが、

mamoru吹き出し
mamoru

ん?なんかモコモコじゃね?あとクリーニングした臭いが全然しない!

これでした。リナビスにクリーニングに出す前よりも、明らかにダウンの調子が改善されていて、モコっとしてるんですよね。それなのに、ガッツリ洗濯した感というか、クリーニング特有の臭いがしないので、これは不思議、マジックですよ。プロの技か、これが・・。

さて、ではシミがひどかった袖の部分に注目してみましょう。

リナビスに出した赤いダウンの袖(送る前)

まずこちらが、繰り返しにはなりますが、クリーニングに出す前の袖です。うん、ばっちいね。

リナビスに出した赤いダウンの袖の仕上がり

そしてこれが、リナビスにクリーニングを出した後の袖。本音を言うと、ほとんど期待はしてなかったんですが、めちゃめちゃ綺麗になってて驚きました。これはスゴイ。黒ずんだシミが新品同様の鮮やかさに変化していて、まさかここまで綺麗になるとは思ってませんでしたよ。

実はこれまでにもこの赤いダウンジャケットは、近所のクリーニング店に出してはいたんですが、ご覧の有様でした。この経験から、

『クリーニングに出しても意味ないよね。だって綺麗になんないもん』

って思ってたんですが、良い意味で今回リナビスに裏切られちゃいましたね。これだけ綺麗になるなら、全然高いとか感じない。むしろ安い。

さて、続いて白いキルティングコートについて見ていきましょう。赤いダウンジャケット同様に、なにやら紙が貼られています。よく見てみると、

リナビスのシミ抜き不可用紙

「シミ抜き・汚れ除去不可のお知らせ」

とありました。赤いダウンでシミが落ちたのでちょっと残念でしたが、紙をよく読んでみると、こんなことが書いてあったんですね。

  • シミ抜きの処置をさせてもらった
  • 作業工程で強い薬剤を使用しすぎると、品質が劣化する恐れがある
  • だからこの衣類についてはシミ抜きできなかった

なるほど、さっきの赤いダウンのシミを完璧に抜いてくれる、プロの職人さんたちが「無理だった」ってんなら、もう納得ですよ。多分、日本全国、どこ行っても同じ答えが返ってくるのでしょう。

まあでも、一応ビフォーアフターをお見せしておきますね。上から順に、「ビフォー/アフター」です。

リナビスに出した白いコートのシミ(送る前) リナビスに出した白いコートのシミ

写真写りの問題もあるとは思いますが、『若干シミが薄くなったかな』って印象なのですが、いかがでしょうか?しかし、綺麗サッパリとはいかず、先ほどの説明のようにシミが残っています。まあでもね、これは仕方ないって割り切れるので、マイナス評価にはなりません。むしろ「無理なものは無理」と言ってくれた誠実さにプラス評価をあげたい。

一方で、こちらの白いジャケットには毛玉がついていたので、こっちについては明確に効果を感じられました。上から順に、「ビフォー/アフター」です。

リナビスに出した白いコートの毛玉(送る前) リナビスに出した白いコートの毛玉

上の写真ではポツポツと見られていた立体的な毛玉たちが、綺麗サッパリいなくなってくれています。新品同様のスムーズさになっていて、毛玉処理のクオリティは赤いダウンのシミ抜き同様にパーフェクト。これぞプロの技って感じですね!

さて、では改めてリナビスのクリーニングの品質についてまとめると、以下のようになります。

  • 「クリーニング臭」が一切しない。違和感0の仕上がり。
  • ダウンのボリュームがグンと増えた。心なしか色合いも鮮やかに。
  • 他のクリーニング店で落ちなかったシミも、綺麗サッパリなくなった!
  • 無理なものは無理と言ってくれる誠実さがGood!
  • 毛玉処理はパーフェクト。新品同様の滑らかさを取り戻した。

個人的には全体を通して満足感の方が圧倒的に強いです。確かに、白いジャケットに関してはシミが落ちきらなかったものの、素人目線でも『これは無理だろうな・・』って思ってたので納得です。あれは無理だ。

一方で、赤いダウンに関しては、ボリュームアップからシミの除去まで、文句のつけようがない品質で返ってきましたし、白いコートも毛玉が綺麗サッパリなくなりました。クリーニング臭も一切なく、

『プロが丁寧にクリーニングしてくれたんだろうなぁ』

といったことまで感じられるような、まさに「おせっかい品質」でした。恐らくですが、筆者が認識していないようなシミや汚れ、毛玉までプロの方達が「おせっかい」で処理してくれていると思うので、そう考えると満足以外ないですよね。「ありがとうございます」という言葉が自然と出てくるような仕上がりで、皆さんにおすすめしたいなと感じました。

mamoru吹き出し
mamoru

とにかく超ド級の高品質クリーニングなので、節約意識を働かせるならば、特に思い入れのない普通のシャツを出したりするのはちょっともったいない気がします。冬物を中心に出せば、相場程度の価格で超高品質のクリーニングが受けられると思うので、この辺はユーザー側の努力でお得さをコントロールできそうです。ただし、一度に出せる品物は「バッグに入りきる」というのが条件なので、この点は注意してくださいね。

2:サービスの品質について

クリーニングの品質は「文句なし」という最強評価に落ち着きましたが、続いてはクリーニング以外のサービス品質について言及していきます。

だらだらと語るのは趣味じゃないので、以下のまとめをご覧ください。

集荷に受け渡すまで
配送キットを無料で手配し、指定日時に集荷に渡すだけなので非常に簡単。宅配クリーニング初めてでも問題なく利用可能。
クリーニング中
「衣類到着/作業終了/発送完了」これらの細かいタイミングでメールが届くので安心できる。
クリーニング後
厄介な広告メールなど一切なし。「気に入ったら使ってね」のスタンスが好感が持てる。

サービス品質についてのザックリしたレビューはこのようになります。全体的にマイナスポイントは存在せず、必要十分なサービス品質を安定して提供してくれていた印象です。

特にクリーニング中の「衣類到着/作業終了/発送完了」これらの各タイミングでメールをくれたのは、利用者目線でありがたいですよね。また、リナビスの一般衣類のクリーニングでは、

コース名 価格(一点あたりの価格)
衣類3点コース 4,920円(1,640円)
衣類5点コース 8,550円(1,710円)
衣類10点コース 11,700円(1,170円)
衣類20点コース 19,800円(990円)

この表のように、最初から衣類の数で料金が固定されているので、後から支払いが追加されるみたいなこともほとんど起こり得ないのがGood。色々な観点から安心して利用できるサービスだと感じました。

リナビスの配送ダンボールに書かれている注意書き

こんな風な一言を配送箱に追加してくれるのも、リナビスのサービスとしての丁寧さを感じます。他の宅配クリーニングだと届いたダンボールが潰れてるなんてことは普通にありますからね(経験談)。

一方で、他のサービスと比較して弱点だなと感じたのは、専用のアプリが用意されていない点です。例えば、最近テレビCMでも放映されるようになったリネットという宅配クリーニングでは、自前のスマホ向け専用アプリを用意して、そこから注文状況や衣類の現在の状況、さらにはお得なクーポンの配布などがされています。

今の時代、パソコンよりもスマホやタブレットが最も身近なデジタルデバイスなので、ここまで用意されていれば100点満点でしたかね。とはいえ、逆に言えば『目立った欠点がここしかない』ということでもあるので、総じて素晴らしいサービスだというのが個人的な評価ですよ。

  • 集荷からクリーニング品到着まで、ストレスを感じる場面は一切なかった
  • 「衣類到着/作業終了/発送完了」細かいタイミングでメールが届いたので安心できた
  • 料金が固定なのも安心材料
  • 専用アプリがないのが唯一のマイナス材料(致命的な欠点では全然ない)

結論:高品質な宅配クリーニングを利用したいならリナビス一択!

というわけで、そろそろ結論へと入っていきます。もう一度リナビスのレビューについてまとめてみましたので、ご覧ください。

・クリーニングの品質について

  • 「クリーニング臭」が一切しない。違和感0の仕上がり。
  • ダウンのボリュームがグンと増えた。心なしか色合いも鮮やかに。
  • 他のクリーニング店で落ちなかったシミも、綺麗サッパリなくなった!
  • 無理なものは無理と言ってくれる誠実さがGood!
  • 毛玉処理はパーフェクト。新品同様の滑らかさを取り戻した。

・サービスの品質について

  • 集荷からクリーニング品到着まで、ストレスを感じる場面は一切なかった
  • 「衣類到着/作業終了/発送完了」細かいタイミングでメールが届いたので安心できた
  • 料金が固定なのも安心材料
  • 専用アプリがないのが唯一のマイナス材料(致命的な欠点では全然ない)

全体的にポジティブな評価に落ち着き、目立ったネガティブ評価はアプリが用意されていない点くらい。つまり、非常に高品質な宅配クリーニングサービスだという結論ですが、一方でネックなのが価格です。

ここで、もう一度リナビスの各コースの料金について見てみましょう。

コース名 価格(一点あたりの価格)
衣類3点コース 4,920円(1,640円)
衣類5点コース 8,550円(1,710円)
衣類10点コース 11,700円(1,170円)
衣類20点コース 19,800円(990円)

これを高いか、そうでもないか、評価するのは人それぞれですが、少なくとも1つ言えるのは『一般的な実店舗型クリーニングと比較すると割高』だということですよね。もちろんリナビスの場合は料金が点数で固定されるので、例えばダウンジャケット5点出すとか、そういう工夫をすればむしろ安く利用できますが、シャツなどを出してしまうと割高感が否めません。

しかし、ここで忘れて欲しくないのが、上記料金の中には以下で示すサービスが全て含まれているということ。

  • 抗菌
  • シワ予防
  • 柔軟
  • 毛玉防止
  • 静電気防止
  • 12ヶ月無料保管

どれも他のクリーニング店では有料であってもおかしくないものばかりで、特に『1年間の保管代金が含まれている』という点は非常に大きいポイントですね。今回筆者は、ダウンジャケットなど冬物を中心にクリーニングに出しましたが、これを敢えて受け取らず、半年以上先の冬シーズンの到来時に受け取るという選択もできたんですよね。

特にダウンなんかは、クローゼットの貴重なスペースをガッツリ食ってしまうので、本当に必要な12月〜2月の3ヶ月以外は正直不要です。したがって、残りの8ヶ月間を自宅以外の場所で保管しつつ、クリーニングをしてくれるというのは非常にありがたいですよね。

で、この分の料金が上記金額に入っていると考えると、どうでしょうか?個人的には「むしろ安い」とすら感じてしまうんですが、いかがでしょう?

でもこれは、逆に言えば『保管制度を利用しないと割高である』ということの裏返しでもあるので、リナビスは保管利用前提のサービスであると見た方が自然でしょう。冬物であれば3ヶ月間使い倒した後、リナビスで綺麗にしてもらい、さらに衣類にとって快適な環境でオフシーズンは保管してもらう。そしてまた、次のシーズンで綺麗サッパリの状態で着用する。

これこそが、ネットを駆使した現代の『リナビス流クリーニングのすすめ』だと言えるでしょう。シミや毛玉を無料で綺麗にしてくれた衣類を着るのは、非常に気分が良いです。大切な衣類を信頼できる高品質なクリーニングに出したいという方は、ぜひ一度リナビスを利用してみてくださいね!

リナビスをお得に利用するには?

さて、リナビスを実際に利用したレビューをお届けしてきましたが、いかがでしたか?高品質過ぎるクリーニングに、保管サービスがついているというのが魅力で、まさしく次世代型の革新的なクリーニングの形だと言えると思いました。

レビューを見てリナビスが気になってきた方もいらっしゃると思いますが、欲を言えば出来るだけ安く利用したいのが人情ってものですよね。というわけでここからは、リナビスをお得に利用するための情報をまとめてみたので、ご紹介していきます。

クーポン情報を欠かさずチェックしよう

結論から言えば、リナビスはかなり活発に動いているサービスなので、季節によって様々なクーポンが配布されています。例えば、筆者が執筆している2020年6月中旬現在は、以下のようなキャンペーン・クーポンを実施・配布してくれてました。

リナビス会員15万人突破キャンペーン
期間中に注文で500ポイントプレゼント+布団コースも注文で500ポイントプレゼント
ご家族・お友達紹介キャンペーン
紹介した方・された方それぞれに500円分のQUOカードをプレゼント

どちらもめちゃめちゃお得・・、というわけではないかもしれませんが、かといって無視できるほどのショボさではないと思うので、リナビスを利用しようと思った際には、リナビス公式サイト上でキャンペーンやクーポン情報をチェックするようにすることをおすすめしますよ!

リナビスをおすすめできるのはこんな人

ここからは、リナビスをおすすめできる人についてご紹介していきます。実際に利用した筆者目線で紹介しているので、利用を迷っている方は目を通しておくことをおすすめしますよ。

自宅周辺に高品質なクリーニング店舗がない人

東京や大阪など、都会に関しては分かりませんが、少なくとも筆者のような地方在住になると、今のご時世クリーニング店自体の数が減っているように感じています。それでも近場で何店舗かは存在していますが、そのどれもが低価格押しのチェーン店、あるいは昔ながらの個人商店で、「信頼できる高品質なクリーニング店」がなかなか見つからないのが地味にストレスです。

そんな時に便利だと感じたのが、リナビスのような高品質な宅配クリーニングになります。宅配クリーニングの中にも価格の住み分けは当然図られており、低価格押しのサービスも存在しているのですが、リナビスはかなり高額な部類。したがって、やや割高な分、信頼できるクリーニング品質がウリってわけですね。

というのも、リナビスで雇用しているスタッフたちは全て地元の職人の方々。

  1. 必ず職人が最適な洗い方を判断する
  2. 依頼がなくても気がついたらシミ抜きやボタンの修理、毛玉取りを行う
  3. 最新機械に負けない仕上げを徹底的に追求する

これらをモットーにお仕事に当たってくれているということで、実際にクリーニングに出して確信しました、これらが決して口だけでなく、本当に実践しているということに。

なにせ、他のクリーニングに複数出しても改善されなかった、

リナビスに出した赤いダウンの袖(送る前)

このようなダウンジャケットの袖の汚れが、

リナビスに出した赤いダウンの袖の仕上がり

こんなにも綺麗サッパリ落ちてしまったんですからね!これにはもう大満足で、また来年からも快適に使えるのが楽しみです。

安いのも確かに魅力ですが、同時に『良い値段するけど満足できるサービス品質』というのもまた、揺るがない魅力だと筆者は感じてます。特に大事な衣類なんかは、安さに身を任せてクリーニングに出したら、大失敗した・・、みたいなことになってはどうしようもないので、そういったリスクを排除したいならリナビスを利用して欲しいなと感じます。

クリーニングに出したついでに自宅を省スペース化したい

先述したように、リナビスのクリーニング代金の中には「最大12ヶ月間の保管代金」が含まれているので、高品質なクリーニングに出したついでに、その衣類をしばらくの間保管しておいてもらいたいというニーズに応えることが可能です。

これはまさしく、有限である自宅のスペースを拡張することにつながるので、個人的には画期的なサービスだと感じてますよ。

特に冬物に関しては、信じられないくらい自宅のスペースをゴリゴリに消費してきますからね・・。これが一人暮らしとかならまだいいですが、1家族分の冬物となると莫大な量を保管しておかなければいけません。その際、虫食いとか調湿とか、色々なことを考えなければいけないのがとても厄介。

これらの問題の一部を綺麗サッパリ解決した位なら、リナビスのクリーニングを利用して保管してもらうのがBestです!

リナビスに関するよくある質問

この記事の最後に、リナビスに関するよくある質問について、実際に利用した筆者自ら回答させていただきます。

モンクレール・カナダグースは本当にクリーニングしてもらえるの?

他店ではほぼ断られてしまうモンクレールやカナダグースといった最高級ブランドのダウンジャケット。『もう頼めるクリーニングないよ・・』という方々にとって、救いの手を差し伸べてくれるのがリナビスです。

しかし、これらのブランドの衣類は本当に貴重なので、『本当に大丈夫なの?』と思ってしまうのももっとも。ですがご安心ください。リナビスでは40年以上クリーニング経験のあるベテラン中のベテランの職人さんがいらっしゃるくらい、品質に定評のあるクリーニングですから、安心して利用することが可能です。

公式サイト上に記載してある対応ハイブランドは、以下の通りです。

  • モンクレール
  • カナダグース
  • アルマーニ
  • デュベディカ
  • タトラス

どれも半端ない高級ブランですが、これらを自信を持ってクリーニングしてくれるとは・・、すげーぜリナビス。

集荷に料金はかかりますか?

リナビスでは集荷に衣類を取りに来てもらうのが必須ですが、衣類コースには集荷や配送自体に料金はかかりません。全て込み込みの料金になっているので、安心してご利用いただけます。

当然、配送キットも無料です。

保管している間に住所が変わったらどうすればいいの?

保管以来時に届け出ていた住所が変更になった場合には、しっかりとリナビスに対して連絡を入れなければいけません。

誤配の原因になるので、ここは忘れずにしっかりと行う必要があるので、この点については注意してください。

繁忙期はいつ?

一般的に、クリーニング店の繁忙期は3月〜5月と言われているので、リナビスでもこの時期は配送など若干の遅れがある可能性がある点を見越したほうが良さそうです。

まとめ

というわけで、この記事では『高品質な宅配クリーニング』として話題を生んでいるリナビスというサービスを徹底的にレビューしてきました。やはり宅配便でクリーニングができるってのは非常に便利ですね。

最初にリナビスの公式サイトを見たときは、『ちょっと高いな・・』と思ったのが本音です。しかし、そこからサービスについて知っていき、実際に利用した結果『大満足だわ』といったところに落ち着きました。

これはまさしく、他のクリーニング店では実感できない品質の高さが実現されていたからこそ感じられたことであり、自信を持っておすすめできると感じて記事を書いてみた次第です。

記事全体を通して良い評価が大半を占めてしまっているので、若干嘘っぽさが出てしまっているかもしれませんが、これは本当に感じたからこそ書いていることなので、安心してリナビスを一度利用してみて欲しいなと感じてます。

というわけで、この辺で失礼いたします。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

宅配クリーニングサービス比較NAVIの記事執筆を担当している、家事ライターのmamoruです。「実際に利用したサービスしかレビューしない」をモットーに、日本一詳しい宅配クリーニングの紹介サイトを作るべく日々奮闘中。コメントくれると励みになります!