【洗濯代行】ランドリーアウトの口コミや評判はホント?実際に利用して徹底レビュー!

【洗濯代行】ランドリーアウトの口コミや評判はホント?実際に利用して徹底レビュー!

家事の中でも代表的な存在なのが「洗濯」ですよね。私たちは生きていく上で衣類がないとどうにもならないですから、これを綺麗にする洗濯が大事な作業なのは言うまでもないことです。

一方で、この洗濯という家事が面倒なのもまた事実。『たまには誰かに代わってもらいたい・・』なんて思った経験があるのは、きっと筆者だけではないはずです。どしてどうせ代わってもらうなら、「クリーニング並みの綺麗さ」にして仕上げてもらいたい。

もうここまでくるとただのワガママですが、こんなワガママを実現してくれるサービスがあるってことご存知でした?その名も「ランドリーアウト」というもので、

  • 自宅に取りに来てもらって渡すだけ
  • 最短翌日仕上げ
  • クリーニング並みの最高仕上がり

このような特徴を持っているサービスなんです。というわけでこの記事では、徐々に話題になりつつあるクリーニング並みの洗濯代行「ランドリーアウト(Laundry OUT)」について、実際に利用してレビューしてみたので、気になる方はチェックしてみてください!

mamoru吹き出し
mamoru

この記事をご覧いただきありがとうございます。家事ライターのmamoruです。家事代行は徐々に普及しつつあるサービスですが、洗濯代行は大切な衣類を預けるという意味で、色々と不安が募るもの。ランドリーアウトが本当に安心して利用できるのか、徹底的にレビューしてみました!

目次

ランドリーアウトの基本情報

ランドリーアウト公式サイト画像
サービス名 ランドリーアウト
運営企業 株式会社OKULAB

というわけで、まず始めにランドリーアウトの基本情報について徹底的に調べてみたので、その結果からご紹介していきます。ラインナップはこんな感じ。

  • 運営企業
  • コース・料金
  • 人気の理由

どれも重要な情報なので、詳しくチェックしていきましょう。

ランドリーアウトの会社情報をリサーチしてみた

まず始めにランドリーアウトを運営している会社の情報からお伝えしていきます。大切な衣類を短時間とは言え預けるわけですから、どんな会社が運営しているのかを知っておくことは大事ですよね。

「株式会社OKULAB」の詳細

ランドリーアウトの運営企業情報

リサーチの結果、ランドリーアウトを運営しているのは「株式会社OKULAB」という会社だということがわかりました。公式サイトに掲載されている情報から、設立されたのは2016年とまだかなり新しい企業となっています。

事業内容としては以下の通りです。

  • コインランドリーサービス
  • コインランドリーサービスの海外展開
  • 洗濯事業の企画・開発・提供

ご覧になっていただいている通り、「洗濯」に特化した事業を行なっていることがわかりますよね。中でもランドリーアウト以外に力を入れて取り組んでいるのがコインランドリー事業で、今流行りのカフェ付きのコインランドリーなど、次世代型のランドリーを展開する面白い事業を展開しています。まさに新進気鋭の企業って感じですね!

色々なジャンルの事業を広く浅くやっているような企業だとちょっと不安ですが、ランドリーアウトは洗濯特化なのでそこが安心ポイントでもあります。個人的には安心して利用できる会社だなって感じましたが、皆さん的にはどうでしょうか?

mamoru吹き出し
mamoru

ランドリーアウトや運営企業のWebサイトを見て感じましたが、一般的な宅配クリーニングよりも非常に現代的なサイトデザインとなっていて、今の流れを取り入れているように感じます。今までの経験上、宅配クリーニングって良くも悪くも古臭いWebサイトが多いので、そこがかなり新鮮に映りました!

ランドリーアウトのコース・料金を確認しよう

さて、ランドリーアウトの運営企業情報についてお伝えしてきましたが、ここからは皆さんも気になっているであろう、コースや料金の詳細についてご紹介していきます。

まずお伝えしておきたいのが、ランドリーアウトには主に4つのコースがあったということです。

  1. スタンダードコース(衣類)
  2. ナチュラルコース(衣類)
  3. デリケートコース(衣類)
  4. ふとん丸洗い(ふとん)

書いてある通り、上3つは衣類の洗濯代行、最後に関してはふとんのコースでした。それぞれについて解説していきます!

スタンダードコース

ランドリーアウトのスタンダードコース

まず紹介していくのが「スタンダードコース」という、ランドリーアウトの中でも最もオーソドックスなコースです。こちらのコースが基本となり、ここにオプションという形で後述のナチュラルコース、デリケートコースがくっついてくるイメージ。

そして肝心の料金設定ですがちょっとユニークで、場所によってお値段が変わってくる仕様となっています。どのように料金が変わってくるのかは、まず以下の日本地図をご覧ください。

ランドリーアウトの対応エリア

こちらがランドリーアウトが設定しているエリア分けですね。番号順に整理してみました。

エリア1:東京23区
東京23区
エリア2:関東・南東北・甲信越・東海・北陸
宮城・福島・山形・茨城・栃木・山梨・群馬・千葉・埼玉・神奈川・東京(23区以外)・富山・福井・石川・長野・新潟・岐阜・愛知・静岡・三重
エリア3:関西・北東北
滋賀・兵庫・京都・奈良・大阪・和歌山・青森・秋田・岩手
エリア4:四国・中国
鳥取・広島・島根・山口・岡山・徳島・愛媛・香川・高知
エリア5:北海道・九州
北海道・福岡・長崎・佐賀・大分・熊本・鹿児島・宮崎
エリア6:沖縄
沖縄

まずは皆さんのお住いの地域がこの中のどこに位置しているのかを確認後、以下の料金表で詳細をチェックしましょう。

エリア REGULAR LARGE
エリア1 3,000円 3,500円
エリア2 3,700円 4,200円
エリア3 4,000円 4,500円
エリア4 4,100円 4,600円
エリア5 4,500円 5,000円
エリア6 7,100円 7,600円

ご覧のように、地域ごとに大きく価格が変わってきますよね。筆者が該当したのはエリア2の関東だったので、REGULARサイズ(40L)で3,700円、さらに初回〜3回までは1,000円オフということで、総額2,700円で利用することができました。

一方で、例えば23区は3,000円ぽっきりで利用できますし、逆に沖縄は同じ容量で7,100円と、恐らくほとんどの沖縄県民が利用しないであろうか確認までなってしまっていますね。

これはまさしく送料を反映させた結果であることは明白なので、〜本州までが現実的な利用ラインかなってイメージです。洗濯代行に7千円以上かけるリッチマンがいるなら話は別ですが・・(笑)

なお、サイズにはREGULARとLARGEが用意されており、それぞれ40Lと52Lとなっています。いきなりLで表されても分からないというのが本音だと思うので、筆者が利用した際のREGULARサイズの40Lダンボールをご覧ください。

ランドリーアウトの集荷

こちらがその40Lサイズのダンボールです。このダンボールをヤマトの方に渡されるので、この中に衣類を詰め込んでその場で渡すだけでしたので簡単です。衣類の種類は基本「箱に入るならOK」って感じですが、スーツなど洗えないもの、あるいは布団などはNGです。(サイズ感に関してはこれも縮尺がないので分かりにくいですよね、すみません。)

ランドリーアウトの集荷の中身

服を入れるとこんな感じで、ちょっと小ぶりなダンボールのように感じましたが、服はかなり潰れてくれるので想像以上に詰め込むことができました。よって、普通に使うならREGULARでいいかなってイメージで、数日分、もしくは大人数の衣類を一気に洗いたいならLARGEを選べばOKだと思います。

そして、この箱を送った後、三日程度で自宅まで届くとのこと。後述しますが、有料オプションを利用すれば最短翌日まで時間を短縮することも可能です。

mamoru吹き出し
mamoru

一般的な宅配クリーニングは北海道や沖縄、離島は別にしても、本州で金額を分けているサービスはありませんでした。関東圏に住んでいるならランドリーアウトの安さの恩恵を受けられるが、逆に関西や九州に住んでいるとなるとやや割高になってしまい、そこがネックに感じる方もらっしゃいますよね。

自社開発洗剤で上質な洗濯を

以上がスタンダードコースの料金の詳細ですが、どのような洗濯をしてくれるのかも気になるところですよね。

スタンダードと聞くとなんとなくショボそうなイメージもしてしまいますが、洗剤として自社開発の「peu(ピウ)」を使用します。「衣類に、肌に、環境に優しく」をモットーに開発されたオリジナル洗剤で、柔軟剤入りの植物由来洗剤である点が特徴的。

衣類や人体に負担をかけない中性洗剤にも関わらず高い洗浄力を持っているので、『優しくしっかり洗浄してくれる』と口コミなどでもっぱら高評価となっています。

こんな感じに、スタンダードコースと言っても、その仕上がりは家庭とは雲泥の差なので、まさにクリーニング水準という表現がピッタリですね。

ナチュラルコース

ランドリーアウトのナチュラルコース

続いて紹介するコースが「ナチュラルコース」というもので、より衣類や人体に優しい洗濯を希望する方におすすめのコースとなっています。利用が推奨される方としては、以下のようなイメージです。

  • 植物・ナチュラル原料で洗いたい方
  • 肌の弱い方、乾燥肌の方、赤ちゃんや子供のいるご家庭
  • 洗濯後の衣類の肌触りが自然であることを好む方

通常のスタンダードコースでも十分優しいのですが、さらなる優しさを追求してるのがすごいですよね。その秘密は、大正13年創業の「木村石鹸」という洗濯用洗剤メーカーの高級商品「SOMALI」を洗剤&柔軟剤として使用している点にあります。

石油系界面活性剤、合成香料、合成着色料・・、などなど、人体に悪影響を与える可能性のある成分を不使用としているので、洗剤による肌へのダメージを懸念している方に選ばれているとのことです。

mamoru吹き出し
mamoru

料金はREGULARコースに+300円と、それほど高い印象は受けません。気軽につけられるので、コースというよりもスタンダードコースにつけられる有料オプション的な立ち位置だと思ってもらえればOK。

デリケートコース

ランドリーアウトのデリケートコース

最後に紹介する衣類用のコースが、「デリケートコース」というものになります。これもナチュラルコースと同様にスタンダードコースの有料オプション的な位置付けで、+500円でつけられるものです。

特徴としては以下の通り。

  • 洗濯前に衣類を裏返し、ネットに入れ、色分け洗濯
  • デリケートな衣類用の専用洗濯洗剤を使用
  • 低温じっくり乾燥

いわゆる「オシャレ着用洗濯」みたいなものですね。ブランド物や大切な衣類、色落ち・色移りをしてはマズイものを洗濯する際に、重宝しそうなコースになっています。

mamoru吹き出し
mamoru

ナチュラルコース、デリケートコース、どちらもスタンダードコースに追加料金を支払うイメージなので、有料オプションにしてもらった方が分かりやすいかもしれないですね。どちらのコースも数百円で利用可能になるということで、気軽に利用してみるのもアリかもしれません。

ふとん丸洗い

ランドリーアウトの布団

最後に紹介するのが衣類ではなく布団の洗濯代行サービス。筆者は今までいくつかの布団向けの宅配クリーニングを利用したことがありますが、正直『洗濯だけでもいいな〜』って思っていたので、このようなサービスがランドリーアウトにあるのは非常にありがたいと言えます。

ですが、気になるのがそのお値段ですよね。こちらも衣類と同様に、「地域により価格が分けられている」ので以下を参考にしてください。

エリア1:東京23区
東京23区
エリア2:関東・南東北・甲信越・東海・北陸
宮城・福島・山形・茨城・栃木・山梨・群馬・千葉・埼玉・神奈川・東京(23区以外)・富山・福井・石川・長野・新潟・岐阜・愛知・静岡・三重
エリア3:関西・北東北
滋賀・兵庫・京都・奈良・大阪・和歌山・青森・秋田・岩手
エリア4:四国・中国
鳥取・広島・島根・山口・岡山・徳島・愛媛・香川・高知
エリア5:北海道・九州
北海道・福岡・長崎・佐賀・大分・熊本・鹿児島・宮崎
エリア6:沖縄
沖縄

まずは皆さんのお住いの地域がこの中のどこに位置しているのかを確認後、以下の料金表で詳細をチェックしましょう。

エリア シングル/ダブル クイーン キング
エリア1 4,000円 4,500円 5,000円
エリア2 5,900円 未対応 未対応
エリア3 6,300円 未対応 未対応
エリア4 6,600円 未対応 未対応
エリア5 7,100円 未対応 未対応
エリア6 10,800円 未対応 未対応

以上がランドリーアウトの布団丸洗いのコース料金になりますが、一般的な布団の宅配クリーニングは1枚で1万円程度なので、シングル・ダブルサイズならエリアにもよりますが、かなりお得な金額で利用することが可能です。

そしてどのように布団を洗ってくれるのかですが、基本は衣類と同じ。上記料金だとランドリーアウトのオリジナル洗剤で洗浄をしてくれて、+300円でナチュラルコースの「SOMALI」という高級洗剤で洗浄を行ってくれます。

mamoru吹き出し
mamoru

以上がランドリーアウトの洗濯に関するコース料金になります。高い・安い、どのように感じるかは人それぞれですが、少なくとも家庭の洗濯よりもはるかに高い品質で洗濯をしてくれるので、自宅での洗濯以上・クリーニング未満・・、のようなイメージを持ってもらえればOKかなって感じです。クリーニングに出すほどじゃないけど、ちょっと綺麗にしたい・・、なんて時結構あるので、そんな時にこそ活躍しそう?

ランドリーアウトが人気の理由をピックアップ

ランドリーアウトのコース紹介を行ってきましたが、続いてランドリーアウトが人気の理由について解説していきます。家事ライター目線で以下の3つの点をピックアップしてみました。

  • 日常の洗濯を「超高品質洗濯」で代行してくれる!
  • 最短翌日仕上げの「スピード仕上げ」がスゴすぎる!
  • 集荷とお届け先を別にして出先から自宅に配送も可能!

それぞれ順番に解説していきますね。

1:日々の洗濯物を「超高品質洗濯」で代行してくれる!

ランドリーアウトの洗濯は上質

まず一つ目が、やっぱりこれですよね。面倒で煩雑な日常的なお洗濯を、「超高品質洗濯」で代行してくれるので、皆さん『助かる!』と評価しています。もちろん筆者もそう思いますよ。

じゃあ何が助かるって、衣類を出す時に『洗濯物のカゴの中身を全部出す』ってイメージでOKなんです。一般的な宅配クリーニングのように、シャツが〜円、ジャケットが〜円・・、と決められているのではなく、あくまで衣類自体の量で料金が決定されているので、出す衣類は家庭ごとに違うはずです。

シャツや下着はもちろんのこと、靴下やバスタオルなどなど、あらゆる日常の洗濯物をゴッソリ綺麗にしてくれるので、出す衣類を選別するなどの「面倒さ・煩雑さ」が必要ない点が実際に使用して魅力だと筆者も感じました。

後ほど詳しく解説しますが、初回はヤマトの方が集荷用のダンボールを持って家まで取りに来てくれるのですが、

ランドリーアウトの集荷の中身

こんな感じに洗濯して欲しい衣類をビニール袋に入れてダンボールに詰め込むだけなので、かかる手間はほぼ0。これでクリーニング水準の高い品質の洗濯をしてくれるわけですから、そりゃ楽だし助かるって声もありますよね。

もちろん、料金が気になるところではあるのですが、そんな毎日使用するものでもないでしょう。例えば、

  • ちょっと手抜きをしたい日
  • 洗濯物の量が多すぎて嫌になる日
  • 雨が続いて洗濯をすることができない日

こういったタイミングで利用するだけでも、グッと家事の負担が減りますよね。使い方次第で非常に便利なサービスなので、ランドリーアウトの存在を知っておくだけでもひとつ得をしたと言えます。

mamoru吹き出し
mamoru

梅雨時に『前のが乾いてないから洗濯物を干せないんだけど』みたいな時ってありますよね。でも、カゴに入れっぱなしだとカビの原因に・・。そんな時にランドリーアウトを利用すれば、ストレスなく洗濯を進めることができちゃいます!

2:最短翌日仕上げの「スピード仕上げ」がスゴすぎる!

ランドリーアウトのスピード感は魅力的

ランドリーアウトの続いての人気の理由として、「スピード感」を挙げてみました。標準的な宅配クリーニングの場合、最短でも一週間、最長で二週間程度かかることもあるのですが、ランドリーアウトの場合は地域にもよりますが、関東なら基本3日、さらに+300円で「スピード仕上げ」というオプションをつければ、お届けまでの所要時間を1日短縮できちゃいます。

よって、都内23区だったら24時間もせずに自宅まで届けられるということで、実質自宅でのお洗濯と何も変わらないスピード感を実現!ここが宅配クリーニングとは大きく異なる点で、スピーディーに利用できるのはやっぱり魅力ですよね。

加えて、これまた+300円の有料オプションにはなりますが、「早朝便」というエリア限定のオプションも存在しています。仕事などの都合で日中に集荷を頼むことができない場合に、「7:00〜9:00」の間に1時間単位で時間を指定し集荷に来てもらえるので、人によっては非常に助かるサービスだと思います。

mamoru吹き出し
mamoru

洗濯は日常的に行うものですから、できれば自分の都合の良い時間に頼んで、早めに受け取りたいですよね。+300円とは言え、時間的なストレスを軽減できる制度を整えているのは、非常に助かるものだと思います。

3:集荷とお届け先を別にして出先から自宅に配送も可能!

ランドリーアウトが人気を獲得している3つめの理由が、ズバリ「汎用性の高さ」だと感じています。

確かにランドリーアウトは日常の洗濯という家事を代わりにやってもらう「家事代行」的なサービスではあるのですが、実はこれ以外にも使い方がありましてですね。実は、集荷先とお届け先住所を別々にして注文ができるので、例えばこんなことができちゃうんですよね。

  • 出張先に集荷に来てもらって、自宅で綺麗になった衣類を受け取る
  • 旅行先で荷物を減らすために集荷に来てもらって、自宅で洗濯済みの衣類を受け取る
  • 下宿先で衣替えを兼ねて集荷に来てもらって、実家に衣類を送る

他にも色々なシチュエーションで活躍してくれそうですが、筆者がパッと考えて出てきたのはこんなところですね。特に筆者が「良いな」と感じたのは、最後の使い方です。というのも、筆者は大学時代、一人暮らしをさせてもらっていたのですが、やっぱり大学生の男の一人暮らしなんて基本1Kじゃないですか?

となると、当然ロクな収納なんてないので、衣類の保管がめちゃめちゃ大変なんです。結局、グチャグチャにして保管・・、もとい狭苦しいクローゼットに詰め込んで、次の衣替えの時にクシャクシャの状態で出てくる・・、なんてのが普通でした。

しかし、ランドリーアウトを利用すれば、綺麗に洗濯をしつつ、実家の方に衣類たちを送ることができちゃうんですね。当然送料込みでのお値段なので、そこも非常にお得感があります。

まあこんなのは一例ですが、出張先とか旅行先とか、他にも利用方法はいくらでもありそう。洗濯代行というと単なる家事の代行のように感じられますが、使い方次第で化けるのがランドリーアウトだと思ってもらえれば幸いです。

mamoru吹き出し
mamoru

ということで、ランドリーアウトの基本情報のご紹介は以上です。クリーニング水準の上質な洗濯、関東圏なら3日で届くスピード感、さらには使い方次第で色々なメリットが受けられる魅力的なサービスだということが分かりました。よく出来てるなぁって感じですよね!

ランドリーアウトの口コミ・評判

さて、ランドリーアウトの基本情報について解説してきましたが、実際に利用した方々の評判や口コミについても知りたいですよね。特にランドリーアウトのような洗濯系のサービスは、利用した人によって感じることが様々違ってくるので、色々な方の意見を聞いておくことが重要です。

ここではランドリーアウトを実際に利用したユーザーの口コミ・評判について確認できるようになっているので、気になる方は目を通しておきましょう。



ランドリーアウトの口コミレビュー


レビューの平均:  
 5件の投稿

レビュー発言者
by よんみさん

スピード感が良い

宅配クリーニングを色々と利用してきましたが、やっぱりどこも一週間以上は普通にかかってしまうのがネックでした。ランドリーアウトは宅配クリーニングではないですが、良く綺麗になるのでスピード感を重視してこれを利用しています。注文後翌日に集荷が来て、そこからさらに2日で衣類が自分の手元に届いたので、これなら十分満足に利用可能です。日本どこからでも洗濯代行ができるようになるtは、すごい世の中になりましたね。

レビュー発言者
by あすあねさん

オシャレ着の洗濯に毎回使ってます

自宅でオシャレ着の洗濯をするのが気がひけるので、毎回こちらのデリケートコースを利用させてもらっています。洗濯物を必ず裏返し、衣類ネットを使用し、さらに色移りまで防止してくれる・・、ここまで手厚くやってくれるのはここだけだと思います。このコースが500円の追加でできるのもありがたくて、今ではすっかりリピーターです。やはり自宅で洗濯するのとは全然違う仕上がりで、ふっくら感と清潔感のある香りが特にお気に入りです。どんな洗剤を使っているのか知りたいくらいで、市販の安価なものがいかに強い香りでごまかしているのかを実感すると思いますよ。

レビュー発言者
by キノさん

3回目まで1,000円オフです

1,000円オフで使えるということだったのでやってみました。こういった洗濯系のサービスは初めて使いますが、意外と良いものですね。子供達の細々とした服やタオルって洗濯するのが大変だったりしますが、それを乾燥まで全部やってくれるのがすごく楽に感じます。自宅で洗濯するよりもキレイになるので、妻もお金がかかるのは承知の上で、それでも利用に積極的になっていて意外でした。毎回洗濯に苦労をかけてしまっているなと痛感したのと同時に、このようなサービスが出てきて助かります。「大変な時は使っていいよ」と声をかけたので、これからは使う頻度が増しそうです。頑張って働きます(笑)

レビュー発言者
by masaさん

家事嫌いの男性に助かる

仕事で忙しい社畜の私にとって、家事は非常に辛いものです。特に洗濯なんて、朝やる時間ないし夜もたたんだりする時間もありません。そこで見つけたのがこちらです。週末にまとめて出してしまって、それを受け取ればそれで一週間分の洗濯が終わり。いいですね。男の一人暮らしなんてそんなに洗濯物でないですし、ワイシャツを何枚か買い足せばまとめて出せるので、生活になくてはならない存在です。自分で洗うよりも圧倒的にワイシャツが綺麗になるので、毎回新品を着ているような錯覚におちいって気分が最高です。仕事頑張れます。

レビュー発言者
by にょんさん

サブスク希望

23区内に住んでますが、使い勝手が良すぎてもう毎日利用したいくらいです。できれば私のような家事嫌いの女性のために、1ヶ月使い放題のサブスクプラン的なものを出して欲しいと感じます。そうすれば喜んで登録して毎日利用するのに。いや、自分で家事頑張れって話なんですけど、自分でやるより圧倒的に楽だし、綺麗になるんですもん。仕方ないですよね?



レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書いてみる

ランドリーアウトを実際に利用してみたレビュー

ランドリーアウトの口コミや評判についてお届けしてきたところで、ここからは筆者が実際に利用してみたレビューについてお届けしていきます。

筆者も自分でネットを中心にランドリーアウトに関する口コミをチェックしていましたが、概ね高評価が多かったように感じました。どの方も『自分で洗濯するより全然キレイになる』と言っており、なおかつ家から出ずに集荷に渡して受け取るだけ、というお手軽さを魅力に感じているようです。

この辺りが本当にそうなのか、実際に利用することで確認してみたので、以下のレビューをご覧ください。

mamoru吹き出し
mamoru

「どこよりも詳しく」をモットーにやらせてもらってるので、皆さんの参考になれば嬉しいです!

ランドリーアウトの「注文〜受け取り」までの流れ

まず始めに、ランドリーアウトを実際に利用した「注文〜受け取り」までの一連の流れについて、どのようなことをしたのかを紹介していこうと思います。画像付きでやっていきますので、どんな風に利用するのかの参考にしてみてください。

1:公式サイトで注文を行う

まずはランドリーアウト公式サイトにて注文を行なっていきましょう。

ランドリーアウト公式サイト画像

こちらがランドリーアウトの公式サイト画像ですが、下の方にスクロールすると「ご注文はこちらから」というボタンが表示されるので、そこをクリックしましょう。

ランドリーアウトの注文画面3

すると、まずは会員登録が必要になるので、必要な情報を記載していきます。

  • 氏名
  • 住所
  • 電話番号
  • メールアドレス

一般的な通販サイトと同じような情報を記入すればOKなので、特に問題なく会員登録を終えることができました。

すると、今度は「商品・コース選択」画面が表示されるので、自分の希望するコースを選んでいきましょう。

ランドリーアウトのコース選択画面

用意されている衣類向けのコースには、

  • スタンダードコース
  • ナチュラルコース
  • デリケートコース

この3つがありますが、特にこだわりがない場合は最初はスタンダードコースでも良いのかなと思ったので、筆者はスタンダードコースにしました。サイズもREGULAR(40L)にしましたよ。

ランドリーアウトの注文画面2

あとはこちらの「集荷・お届け先」という画面で住所を記入し、集荷日時・受け取り日時を選択します。その後支払方法の選択を行えば、これで注文は無事完了です。全体的に画面も見やすくデザインされていて、分かりやすく進めることができて良かったです。

mamoru吹き出し
mamoru

注文の段階で受け取り日時まで選べるので、あらかじめ予定が立てられるのは非常にありがたいですね。一般的な宅配クリーニングでは受け取り日時を選べないサービスも多いので、しばらく使わないことが確定している衣類しかクリーニングに出せないのが非常に不便でしたので、それを考えるとランドリーアウトはGoodです。

2:集荷に衣類を渡す

無事に注文を終えたら、指定した日時にヤマト運輸の集荷の方が来てくれるので、その人に衣類を渡しましょう。

ランドリーアウトからの集荷メール

集荷日時に関しては、このように注文後にランドリーアウト側からメールが送られてくるので、バッチリ確認することができます。助かりました。

そして、指定した時刻きっかりにヤマトの方が来てくれました。最近色々な宅配クリーニングを集荷で利用しているので、もう顔なじみです。ヤマトの人が持ってきてくれるダンボールは、以下のようなものでした。

ランドリーアウトの集荷

想像したよりも一回り小さいサイズ感でしたが、まあそこそこの量の衣類が入りそうではあります。今回筆者がランドリーアウトに出した衣類はこちらです。

ランドリーアウトに出した衣類

夏場ということもあり、とにかく汗が・・って感じです。あとはウォーキング用のパンツだったり、靴下、バスタオル、ハンドタオル・・、などなど、生活感溢れるものたちを出しました。分かりやすく言えば、洗濯カゴの中のものを丸ごと出したって感じですかね。

ランドリーアウトの集荷の中身

こんな感じに袋に入れてみると、全然まだ入りましたね。衣類は結構圧縮できるので、想像の1.5倍くらいは余裕で入りそう。割と多めに見積もってしまって大丈夫ですよ。

また、今回は記事で写真に撮るために自分でダンボールに詰めていますが、本来はこれはヤマトの人がやってくれることです。皆さんは出したい衣類を袋に入れておいて、

『じゃあこれお願いします』

って言って渡せば問題ないので、玄関近くに出したい衣類を袋に入れた状態で待機していましょう。

mamoru吹き出し
mamoru

今までの経験上、ヤマトの人はダンボールをペタンコの状態で持ってくるので、ダンボールを組み立てる用にテープをその場で貸してあげると、作業がスムーズに終わります。玄関付近にガムテープなど置いておくと助かるかもしれませんね。

3:届くまで待機する

ヤマトの人に衣類を渡したら、ここからはひたすら待機です。

一般的な宅配クリーニングだと『衣類が届きました』みたいな感じでメールをくれることが多いんですが、ランドリーアウトの場合は何もメールが来ませんでしたね。なので『今どんな状況なのかな〜』なんてちょっと不安になるので、何かしらのメールがあった方が助かるかなって感じました。まあなくても特に支障はないんだけどね。

4:衣類を受け取る

ランドリーアウトへ衣類を出してから3日後、自宅に衣類が無事に届きました。発送メールもなかったので結構突然でしたから、この辺はもうちょい考えた方がいいと思います。

ランドリーアウトの衣類が返ってきた

こんな感じで帰ってきました!オシャレで今風なデザインのランドリーバッグですね。この中身については次のレビューの章で詳しくご紹介します。

mamoru吹き出し
mamoru

というわけで、ランドリーアウトを利用する流れについては以上になります。注文画面が分かりやすく作られていて、非常にスムーズに進んだのが助かりました。そこからは集荷に渡してあとは待機。非常に楽チンでGood評価です!

ランドリーアウトを実際に利用してみたレビュー

ランドリーアウトを利用する流れをご紹介したところで、ここからは実際に利用してみたレビューについてお届けしていきます。仕上がりやその他諸々の評価はどうだったのか、要注目です!

1:洗濯の品質について

まず始めにお伝えしたいのが、やっぱり「洗濯の質」です。ランドリーアウトは洗濯を代行して行ってくれるサービスなので、ここがダメだったらなんの意味もないですしね。

ということで、最初にランドリーアウトから衣類が自宅に届いた実際の写真からお見せしていきます。

ランドリーアウトの衣類が返ってきた

先ほどもお見せしましたが、こちらがランドリーアウトから届いたランドリーバッグです。不織布らしき繊維でできていて、結構頑丈そう。

ランドリーアウトの衣類は結束バンドでロック

また、ランドリーバッグの開閉チャックがインシュロック(結束バンド)で固定されていたので、配送中の衝撃で開いてしまうような事態もしっかりと防いでくれていました。この辺の細かい気遣いがいいですよね。

では、中を開けてみましょう。

ランドリーアウトの衣類はビニール袋に入っていた

なるほど、結構コンパクトにまとめられている感じなんですね。1つの袋に密封されており、イメージとは違いました。無料でついてきたランドリーバッグの中に畳んで入れてあるかと思いましたが、そうすると中でぐちゃぐちゃになってしまうので、これが確かに正解かもしれません。

しかしながら、これだけコンパクトにしまわれてしまうと、服によってはシワが気になってしまうところではありますよね。今回筆者は冬物の大きめの衣類は出さなかったので分かりませんが、長袖系はどのように畳んでくれるのでしょうか?ここがちょっと気になるところかな。

ランドリーアウトの衣類を開けた

袋の中から取り出してみましたが、もうこの時点である違いに気がつきました。それは「ふっくら感」です。

ランドリーアウトでハンドタオルがふわふわに

例えばこれ。自宅でハンドタオルを洗濯するとぺったんこになってしまうのですが、これは物凄くふっくらしてくれています。これで洗顔後に顔を拭いたら気持ちいんだろなぁ・・、なんて想像をしてしまう。

ランドリーアウトでバスタオルがふわふわに

また、バスタオルについてもこれは同様です。ボリューム感がアップしており、「新品同様」という表現がぴったりな感じになってくれています。すごいっすね。

ランドリーアウトで五本指靴下も丁寧に

そしてこちらが筆者愛用の五本指靴下。一度五本指を履いたらもう元には戻れなくなってしまったんですが、欠点として挙げられるのが洗濯が面倒だということなんです。指のところをピンと伸ばして畳まないといけないので、いつも地味ですがストレスになっていました。

しかし、画像の通り両足の全ての指がキレイに伸びてくれているので、これは確実に手作業で丁寧に畳んでくれてますよ。適当にやっていたらこうはなりませんから、キレイになった云々よりも「真心」が伝わってくる、最も価値のあることだと思います。この時点で高評価確定ですね。

ランドリーアウトのシャツのたたみ方が丁寧

そしてこちらがシャツですね。筆者はサッカーが好きでして、結構こんなのを着ながらウォーキングなりランニングなりをしています。しかも夏場だったので汗も結構かいてしまったのですが、完全にニオイがシャットアウトされていました。

代わりに感じるのは、ほのかな洗剤の香り。しかし、「ほぼ無臭」なので、清潔感があって個人的には好きですね。柔軟剤チックな強めの香りが好きな方にはやや物足りないかもしれませんが、自分で香りを選べないという都合上、変に香りをつけられるよりはこのような清潔感のある無臭の方が正解だと思います。

とりあえずこれで衣類は以上ですが、あとはパンフレットも入っていました。

ランドリーアウトのパンフレット

こんなやつですね。

ランドリーアウトのパンフレットの詳細

内側を見てみると、一番上に今回担当してくれた方の指名が書いてあります。丁寧に畳んでくれてありがとう・・。

ランドリーアウトのパンフレットに結束バンドが付属

また、パンフレットの裏側には、このような結束バンドが貼り付けられていました。これと送られてきたランドリーバッグを使って、次回以降の利用をするって感じですね、初回のみヤマトの集荷ダンボールを使用し、2回目からはランドリーアウトから送られてくるランドリーバッグを使うってイメージです。

さて、以上でランドリーアウトから送られてきた衣類の写真紹介は終わりですが、個人的には「大満足」の一言でした。その理由については、以下のまとめをどうぞ。

  • ランドリーバッグのチャックがバンドで固定されていた
  • 衣類は袋に密封されていたので、配送時にぐちゃぐちゃになる恐れがない
  • キツめに密封されているので、特に長袖などはシワにならないかちょっと心配
  • パッと見で分かるふっくら感が最高
  • 手作業で1枚ずつ丁寧に畳んでくれている
  • ニオイも取れているが、キツめの香りは一切なし。男性的にはGood。

こちらが今回の洗濯の質に関するレビューになりますが、良いものばかりですよね。特に個人的に気に入ったのが「ふっくら感・手作業」という2点でした。まずふっくら感ですが、一目で分かるって結構すごいことだと思います。しかも、本格的なクリーニングではなく、ただ洗濯をしただけ。

それなのにこれほどふっくらするとは、洗濯一筋でやってきたからこその技術なのでしょう。さすがです。

また、手作業で丁寧に畳んでくれている点も評価ポイント。5本指ソックスの指の部分全てがシワなく全てピンと伸びるのは、丁寧にやらないと絶対無理です。自分で毎日洗濯しているからこそ分かりますが、だいたい面倒でクシャクシャになってしまうんです。だからこそ分かる。あれは丁寧にやらないと無理だ。

mamoru吹き出し
mamoru

ということで、洗濯の質については文句のつけようがない結果になりました。宅配クリーニングの1/4程度の価格でこれだけのクオリティですから、良い意味で裏切られたって感じです。しかもスタンダードコースでこれなので、ナチュラルコースやデリケートコースなどの有料オプションをつけたらどうなってしまうのでしょう?

2:サービスの品質について

クリーニングの品質についてお伝えしたところで、お次はサービスそのものの品質についてお伝えしていきます。

まずは注文についてですが、こちらは先述のように分かりやすいように作り込まれていて、面倒だったり煩雑に感じる部分はありませんでした。基本的に画面の指示に従っていれば誰でも注文可能ですから、十分合格点をあげられます。

また、全体的なスピード感もGood評価。注文後翌日に集荷を指定できたので、注文から差し引き4日もかからずに衣類が綺麗になって返ってきました。これまで利用してきた宅配クリーニングのほとんどは、10日前後しないと返ってこないってのが普通だったので、それと比べたらスピード感は雲泥の差。スゴイです。

一方で、少し気になったのが先述したように、ユーザー側に送られてくるメールの少なさです。一般的な宅配クリーニングでは、

  • 注文確定
  • 集荷日時の確認
  • 衣類到着の確認
  • 作業開始の確認
  • 作業終了の確認
  • 衣類発送の確認

このようなタイミングで逐一メールが送られてくるんですよね。これに慣れていた筆者としては、「集荷日時の確定」メールしか送られてこなったランドリーアウトがやや物足りなく感じてしまいました。

まあ、差し引き3日程度でこっちに届くので、それほど頻繁に送られてきても迷惑っちゃ迷惑なのですが、「衣類到着/発送」くらいはメールくれても良いのかなって思ってます。

とはいえ、致命的な欠点というわけではありませんので、あくまで「気になった」というレベルのものです。それ以外のプラスな部分が圧倒的なので、そこまで気にするものでもないというのもまた事実でしょう。

  • 注文がしやすい。誰でも画面の指示に従うだけでOK。
  • 関東圏で注文後3日程度で衣類が返ってくるスピード感は大いに評価できる
  • 送られてくるメールが少ないので、若干不安になる

3:コスパについて

さて、レビューの最後に言及しておきたいのが、ズバリ「コスパ」についてです。まずはここまでのランドリーアウトの良いレビューとイマイチなレビューをそれぞれ振り返ってみましょう。

・良かったレビュー

  • ランドリーバッグのチャックがバンドで固定されていた
  • 衣類は袋に密封されていたので、配送時にぐちゃぐちゃになる恐れがない
  • パッと見で分かるふっくら感が最高
  • 手作業で1枚ずつ丁寧に畳んでくれている
  • ニオイも取れているが、キツめの香りは一切なし。男性的にはGood。
  • 注文がしやすい。誰でも画面の指示に従うだけでOK。
  • 関東圏で注文後3日程度で衣類が返ってくるスピード感は大いに評価できる

・イマイチなレビュー

  • キツめに密封されているので、特に長袖などはシワにならないかちょっと心配
  • 送られてくるメールが少ないので、若干不安になる

ご覧になっていただければ一目瞭然ですが、良かったレビューの方が圧倒的に多いという結果になりました。この中でも特に個人的に気に入ったのが、やはり手作業で丁寧な仕事をしてくれるところです。

ランドリーアウトで五本指靴下も丁寧に

こちらの五本指靴下を見てもらえれば分かりますが、指のところが全部綺麗に外に出されています。しかもシワも見当たらないので、これには思わず感動でしたね。普段自宅でやるのと比較して1000倍くらい綺麗に見えますもん。

まあレビューとしては以上のような感じになるのですが、あとはお値段ですよね。もう一度ランドリーアウトのエリアごとの料金をチェックしておきましょう。

エリア1:東京23区
東京23区
エリア2:関東・南東北・甲信越・東海・北陸
宮城・福島・山形・茨城・栃木・山梨・群馬・千葉・埼玉・神奈川・東京(23区以外)・富山・福井・石川・長野・新潟・岐阜・愛知・静岡・三重
エリア3:関西・北東北
滋賀・兵庫・京都・奈良・大阪・和歌山・青森・秋田・岩手
エリア4:四国・中国
鳥取・広島・島根・山口・岡山・徳島・愛媛・香川・高知
エリア5:北海道・九州
北海道・福岡・長崎・佐賀・大分・熊本・鹿児島・宮崎
エリア6:沖縄
沖縄
エリア REGULAR LARGE
エリア1 3,000円 3,500円
エリア2 3,700円 4,200円
エリア3 4,000円 4,500円
エリア4 4,100円 4,600円
エリア5 4,500円 5,000円
エリア6 7,100円 7,600円

筆者は23区外の関東圏なので、「エリア2」での料金でしたから、3,700円でした、もちろん送料込みです。あ、そういえば初回〜3回目までは1,000円引きでしたので、2,700円で利用できたことを忘れていました。

このお値段で利用できたことを、高いと評価するか、それとも普通と評価するか、あるいは安いと評価するかは人それぞれですが、個人的には「悪くない」と感じたのがホンネですかね。

今回、ランドリーアウトを利用することで「洗濯を1回サボれた」わけですが、自宅にいて洗濯をサボるって、実はなかなかない経験だってことに気がついたんです。そして洗濯をしなくていいことが、想像以上に自分に余裕を与えてくれるということに気がつきました。

特にこの記事を執筆現在は2020年の夏真っ盛りということで、洗濯をしているだけで軽く死にかけるような状況です、誇張抜きで。したがって、一回分の洗濯を実質サボれることを考えると、結構心理的に余裕が生まれてくれるんですよね。しかも乾燥機でかけてくれるので、単なる洗濯だけでなく、乾燥・畳む作業までサボれるのは本当にラク!これは予想外でした。

その時間で普段できない場所のお掃除だったり、あるいはゴロゴロしたり。時間を有効活用できて最高でしたね。

もちろんお値段がお値段なので、毎回利用するわけには庶民の自分には無理なわけですが、それでも『たまにならアリじゃね!?』って思うくらいには満足ですね。自分で洗濯するよりも数倍綺麗に、ふっくらしてくれますし!

先述のように、初回〜3回目までは1,000円引きで利用できるのが非常にお得なので、とりあえずお試して利用してみるのも悪くないかもしれません。気になった方はぜひ一度ランドリーアウト公式サイトを覗いてみてくださいね!

ランドリーアウトをお得に利用するには?

さて、というわけでランドリーアウトのレビューをお届けしてきましたが、いかがでしたか?前評判が高く、実際に利用してみた感じもポジティブなレビューがほとんどを占めたので、個人的にはイチオシなサービスだなと感じましたよ!

とはいえ、若干の料金の高さを感じたのも否めませんので、ランドリーアウトをお得に利用できる方法について筆者の方で調べてみました。

「まとめて出す」ことを心がけるのが大事

お得に利用するためにまず言及しておきたいのが、ランドリーアウトの利用方法の観点からです。

一般的な宅配クリーニング業者は、以下のような料金制度を整えているところがほとんど。

  • 衣類の枚数で料金決定
  • 衣類ごとに料金決定

まあどちらも分かりやすいですが、ランドリーアウトの場合は「容積(L)」で料金が決定されているので、極端なことを言えば『詰めれば詰めるだけお得』だということになります。

そして、今回筆者は1日分の洗濯物を出したのですが、ダンボールの容量的にはまだまだ入りそうだったんですね。

ランドリーアウトの集荷の中身

こちらがその写真ですが、普通に入れれば1.5倍はまず間違いなく入りますし、頑張れば2倍くらい入りそうです。仮に今回の2倍の量が同じ料金で洗濯してもらえるのだとしたら、コスパは単純に2倍になる計算なので、そりゃもう出せるだけ出した方がお得に決まってますよね。

なので、ランドリーアウトを利用する場合には、出来るだけ洗濯物を溜め込んで「出せるだけ出す」ことを心がけることが重要になります。ケチくさいですが、より多くの衣類をキレイにしてもらうことにもなりますし、こう考えるのは当然です。

mamoru吹き出し
mamoru

ランドリーアウト公式サイトでは容積(L)で表記されているのですが、これがちょっと分かりにくかったです。あらかじめ容積を測るのは無理ですから、『ヤマトの人が持ってくるダンボールに詰め込めるだけ詰め込む』ってイメージで利用してもらえればいいかなと思います。

「お友達紹介クーポン」の利用もアリ

ランドリーアウトのクーポン

リサーチを進めてみると、ランドリーアウトには「お友達紹介クーポン」というものが存在していることが分かりました。内容としてはこんな感じ。

『紹介した人とされた人が両方500円引きで利用できる』

まあ、良くあるやつですが、単純にありがたいですよね。家族でも友達でもなんでもOKなので、初回自分で利用した後、誰かに紹介して利用してもらえばかなりお得に利用することが可能。

若干ハードルが高いかもしれませんが、利用する際には頭の中に入れておくといいかもしれませんね。

ランドリーアウトをおすすめできるのはこんな人

ランドリーアウトをお得に利用するハウツーについて解説してきましたが、『利用するのアリかな〜?どうかな〜?』と、まだ迷っている、悩んでいる方もいらっしゃるかもしれません。

そんな方に向けて、実際にサービスを利用した筆者目線で、「ランドリーアウトをおすすめできる人」についてお話ししていこうと思いますので、参考にしてもらえれば嬉しいです。

洗濯をサボりたい人

筆者がランドリーアウトを利用して、まず感じたのが『洗濯サボるって最高やんけ!』ということでした・・(笑)

だって、洗濯サボることってほとんどないじゃないですか?というよりも、「サボれない」という表現の方が正しいでしょうか?サボった瞬間に着用できる衣類のストックが単純に減りますし、家族にも大きな支障が出る。ゆえにサボれない。これが洗濯の厄介な性質でした。

しかし、ランドリーアウトを利用すれば、言葉は悪いですが「お金を払ってサボれる」わけです。しかも、コインランドリーのように外出することもなく、本当に一歩も家から出ずに洗濯が終わる。いや〜、控えめに言っても最高ですよね。

しかもですよ。

ランドリーアウトの衣類を開けた

こんなにキレイに、丁寧に畳まれた状態で戻ってきてくれますから、畳む手間まで省けるんです。筆者は特に畳み方についてこだわりはないので、このまま収納しちゃいましたから、文字通り洗濯に関する全てのことを肩代わりしてくれた「洗濯代行」でした。1日楽できただけで全然違うので、皆さんも試してみてください(悪魔のささやき)。

mamoru吹き出し
mamoru

洗濯は地味ですが確実に私たちのメンタルを削ってくる家事です。それを合法的に1日サボれる・・、なかなか悪くなかったですぞ!

出張・宿泊を伴う外出が多い人

個人的におすすめできると感じた人が、出張や宿泊を伴う外出が多い人です。

ランドリーアウトは集荷に渡す住所と受け取る住所を変更できるので、『外出先で衣類を渡して、それを自宅で受け取る』みたいなことが普通にできるんですよね。衣類は単純に荷物になりますから、それが減るだけでも旅の疲れを軽減できますし、帰ってからまとめて洗濯する手間も省けるので、まさにいいことだらけ!

『宿泊先とか勤務先に集荷がきてくれるの?』と思われるかもしれませんが、制度上は可能です。あとは各施設にOKをもらえれば問題なく利用できるので、この使い方は次世代的で個人的にイチオシですね。

mamoru吹き出し
mamoru

これからの時代は、旅行先から帰ってくる時、衣類なしのスッキリした状態で帰ってくるのがスタンダードになるかもしれません。そのスペースにお土産を詰めて帰ってくる・・、なんて想像も膨らみますね!あぁ、旅行行きたい・・(笑)

ランドリーアウトに関するよくある質問

最後に、ランドリーアウトに関するよくある質問について、実際に利用した筆者自ら回答させていただきます。

シミ抜きはできますか?

ランドリーアウトはクリーニングではないので、シミ抜きはできないと考えた方がいいですし、オプションという形でも用意はされていません。

あくまでも洗濯代行であり、それ以上でもそれ以下でもありませんから、シミ抜きや修復など行ってもらいたい場合には、宅配クリーニングを利用しましょう。

発送の時に伝票は必要ですか?

ランドリーアウトでは注文時に指定した日時にヤマト運輸の方が集荷に来てくれますが、その際に向こうの方で伝票が作成されているため、こちら側で用意する必要はありません。

袋に入れた状態の衣類だけを用意しておけば良いので、気が楽です。これも人気の理由の1つだと思います。

支払方法は何がありますか?

ランドリーアウトでの支払い方法はクレジットカードのみとなっています。代金引換や銀行振込は利用できないので、そこがややネックかもしれませんね。

一方で、これからの時代はキャッシュレスがどんどん加速していきますから、仕方のないことだとも言えます。抵抗があるかもしれませんが、クレジットカードで利用してみてください。

送料はかかりますか?

ランドリーアウトでは送料込みの価格となっているので、かからないという認識で問題ありません。

その分だけエリアによって料金設定が異なりますから、自分のお住いの地域の料金を必ずランドリーアウト公式サイトでチェックするようにしましょう。

利用できない地域はありますか?

あsdは基本的に全国対応で集配、水洗いしてくれますが、送料が大きく変わってくるので注意が必要です。基本的には関東が一番安く、早い。そこから離れるほど料金が高く、届くのが遅くなっていきますよ。

まとめ

というわけで、この記事では今話題の洗濯代行「ランドリーアウト」のレビューをお届けしてきましたが、いかがでしたか?

結果としてはポジティブなレビューが大半を占める結果となり、個人的には大満足な結果になってくれました。手作業で丁寧にやってくれて、ふっくら清潔感のある仕上がりになる。洗濯代行としては申し分のない内容です。クリーニングの店舗並み。

筆者はこれまで宅配クリーニングはたくさん利用したことがあったのですが、洗濯代行に関しては初めてでした。利用する前は半信半疑というか、それほど期待していなかったのですが、やはり洗濯を1日・2日代わってもらえるだけでも全然違いますね。仕上がりも良いですし、また利用したいです。

皆さんも是非一度、ランドリーアウトを利用して洗濯を休んでみてください!心に余裕ができてとてもリラックスできますよ(笑)

それでは、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。何か質問やご意見などあれば、遠慮なくコメント欄をご利用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

宅配クリーニングサービス比較NAVIの記事執筆を担当している、家事ライターのmamoruです。「実際に利用したサービスしかレビューしない」をモットーに、日本一詳しい宅配クリーニングの紹介サイトを作るべく日々奮闘中。コメントくれると励みになります!